レビュー
» 2004年12月17日 22時50分 公開

FMラジオも聴ける音楽ケータイ、「Music PORTER」を試す(2/3 ページ)

[浅井研二,ITmedia]

 音楽を聴くことに重点を置いた製品だけに、ヘッドホンでのリスニングが標準スタイル。音楽を聴いているときに電話がかかってきたら、リモコンの着信ボタンを長押しして内蔵マイクとヘッドホンで通話すればいい。こうした機構は、初めて登場したわけではないが、携帯電話らしからぬMusic PORTERとの組み合わせで、よりいっそう活きてくる印象だ。

 音楽再生は、「ミュージックプレーヤー」という機能を起動して行う。Music PORTERでは、通常の待ち受け画面では「メニュー」「電話帳」「ジャンプ」をイージーセレクタープラス内の左/中央/右ボタンで呼び出せる。「メニュー」→「オーディオ」と選択すると、「[1]ミュージックプレーヤー」「[2]FMラジオ」「[3]USB接続」-「[4]オーディオ設定」が表示される。

 ミュージックプレーヤーの基本画面。この状態では着信はできない。左下の「待受」を選択しよう


 音楽再生中の待ち受け画面。左の音楽再生パネルと、右下の音符マーク(ミュージックプレーヤーへ戻る)が通常の待ち受け画面と異なる点だ。この状態であれば、iモードの使用や着信も可能

 ミュージックプレーヤーを選ぶと、メモリースティック内のチェックが行われたのち、再生画面に移る。デフォルトでは真ん中に単純なビジュアル(再生中にアニメーション)があり、曲名/アーティスト名(相互に入れ替えて表示)、曲の再生時間、あとは再生状態を示すテキストやアイコンが並ぶ程度のシンプルな画面だ。音質はやや軽めだが、これは付属するイヤホンの質があまりよくないせいもある(説明書にも“試供品”と書かれている)。市販のヘッドホンに交換すれば改善できる。

 サブメニューで「詳細表示」を選ぶと、現在再生中の曲情報が表示される。曲全体の時間/アルバム名/ジャンル/ビットレート/コーデックが表で示される


 停止中に「一覧表示」にすれば、メモリースティックDuo内に保存されている曲の一覧を表示して、カーソル上下で再生したい曲を選べる

 ビジュアルの部分は、サブメニューから「詳細表示」-「一覧表示」を選ぶことで、曲全体の時間/アルバム名/ジャンル/ビットレート/コーデックの表や、メモリースティックDuoに保存されている曲のタイトル一覧(停止時のみ)にも切り替えられる。また、「オーディオ設定」では、BASS(ON/OFF)、再生範囲(1曲/全曲/ランダム)、リピート(ON/OFF)の設定が可能だ。

 操作はイージーセレクタープラスの中央ボタンで再生/一時停止のほか、カーソルキーの上下で音量調整、左右で前後曲の頭出しができる。また、左ボタンの「待受」では、音楽再生状態のまま、待ち受け画面に移動。本体やリモコンの再生/一時停止ボタン長押し(1秒以上)でもミュージックプレーヤーを起動可能で、その場合、最初から「音楽再生+待受」状態となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー