ボーダフォンの「802SH」、1月14日から発売

» 2005年01月13日 15時22分 公開
[後藤祥子,ITmedia]

 ボーダフォンは1月14日から、日本製新3G端末の第2弾となる「802SH」(シャープ製)を全国一斉発売する。カシスレッドが先行販売され、シャイニーブラウン、セラミックシルバーは順次発売予定。ボーダフォンのオンラインショップでも申し込み受付が開始され、価格は1万6590円となっている。

 802SHは(2004年9月の記事参照)、回転2軸ボディの3G端末。液晶テレビ「AQUOS」に使われているASV技術を応用した「モバイルASV液晶」を搭載。屋内外での視認性が高く、どの角度から見ても色調が変わりにくい広視野角なのが特徴だ。

 「802SH」。ボディカラーはカシスレッド、シャイニーブラウン、セラミックシルバー


 メインカメラは130万画素CCD、サブカメラは11万画素CMOS。ロングバージョンの着うたやメガアプリ、電子コミックなどの新3G機能を利用できる。

 W-CDMA/GSMのデュアル端末で、海外にそのまま持ち出してWebやメール、通話を行える(2004年11月の記事参照)

 既に販売開始された「902SH」(1月7日の記事参照)との違いは、カメラの画素数や機能、AV出力機能の有無、ディスプレイサイズなど。

製品名 Vodafone 802SH
サイズ(高さ×幅×厚み) 102×50×26ミリ
重さ 約141グラム
連続通話時間(W-CDMA) 約150分
連続通話時間(GSM) 約240分
連続待受時間(W-CDMA) 約240時間
連続待受時間(GSM) 約250時間
メインディスプレイ 2.2インチ QVGA26万色モバイルASV液晶
カメラ(メイン) 130万画素CCD
カメラ(サブ) 11万画素CMOS
外部メモリ SDカード(同梱せず)
文字入力 ケータイShoin3
カラー カシスレッド、シャイニーブラウン、セラミックシルバー
主な機能 Vアプリ、TVコール、USB接続、Bluetooth、メールアート、Flash、赤外線通信、バーコード読み取り・作成

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  4. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  9. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年