ニュース
» 2005年04月04日 22時09分 公開

感じのよい接客にも資格を〜KDDIがハートフルスタッフ制度を導入

KDDIは、接客態度のよさを資格として認定する「ハートフルスタッフ制度」を導入した。約3000人の受験者に対し、合格者が約470名という狭き門だ。

[ITmedia]

 KDDIは、auのショップスタッフを対象に「ハートフルスタッフ制度」を導入した。身だしなみやマナーに配慮し、ユーザーの立場に立った感じのよい接客を行えるスタッフに与えられる資格で、認定されるには試験に合格する必要がある。

 試験は面接と接客ロールプレイングを行う一次考査と、店舗での接客態度をKDDIの営業マンがチェックする二次考査があり、それぞれに合格すると、ハートフルスタッフの認定を受けられる。審査は厳しく、「2004年度下期の受験者数は約3000名、うち合格者は約470名」(KDDI)という狭き門。ハートフルスタッフには、ハートをモチーフにしたバッチと認定証が授与され、ハートフルスタッフ資格認定者が在籍する店舗には、在籍店証が発行される。

 KDDIは、全国どこでも同じクオリティのサービスを提供できるようショップスタッフ向けの研修を実施するなど、カスタマーサービスの質の向上に注力している。

 ハートフルスタッフ制度の導入で、「“ハートフルな接客”にさらに磨きをかけたい」(KDDI)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう