ニュース
» 2005年05月19日 13時14分 公開

発信者番号表示を無料化せよ──韓国で1人デモ決行中

日本の固定電話と同様に、携帯の発信者番号表示に付加料金がかかる韓国。市民団体によって無料化を求めるデモが決行された。

[佐々木朋美,ITmedia]

 5月18日12時から、ソウル中区にあるSK Telecom(以下、SKT)本社前で、携帯電話のSMSと発信者番号表示料金の撤廃に関して、市民団体によるデモが決行された。

デモ現場に駆けつけると、女性がたった1人で立っていた。「家計負担7%/(負担で)市民の腰を曲げる/SMSサービス/発信者サービス/即刻無料化を」の文字が。後ろ側には「別途費用/維持費用のない/SMSサービス/発信者サービス/即刻無料化を」
韓国のマスコミも何社か駆けつけていた。午前中の仕事を終え、一息つける昼休みに外に出たSK Telecomをはじめ周囲の社員たちは、何事かと振り返っていた

 デモを行ったのは「ソウルYMCA 携帯電話利用者の会」。とはいえ、デモはたった1人で無言のまま行われた。韓国ではSMSが30ウォン(約3円)/1件、発信者番号表示が、それぞれ1000ウォン(約100円)/月(SKT、KTF)、2000ウォン(約200円)/月(LG Telecom)で利用できるようになっているが、デモはこの無料化を求めた。

 団体側は「すでに普遍的なサービスとなっているのにも関わらず、料金が引き上げられ続けている」「特に設備投資が必要でもないのに付加サービスとして料金を課し、消費者が二重負担を強いられている」「通信市場における独占的な立場を利用し、消費者たちに一方的に料金負担をさせている」と主張している。

 つまり「設備投資をしないのにもかかわらず、利用するたびに課金を課すのは不当。無料化を」というのが言い分のようだ。統計庁の発表によると、昨年の家庭1軒あたりの通信費の平均額は13万422ウォン(約1万3422円)で、これは家計の総支出の6.6%を占める。ちなみに日本は1.7%、米国2.1%、英国2.2%、ドイツ2.3%、フランス2.2%というから、韓国では通信費の割合が割と多い。

今回のデモの舞台であり、昨年完成したばかりのSK Telecom本社。折りたたみの携帯電話をイメージしたという

 今回のデモは「1人リレーデモ」といわれ、1人ずつ交代で引き続き行われる予定で、専用Webサイトでは参加者募集も呼びかけている。もちろんSKT本社前だけでなく、KTFやLG Telecom前でも行われる予定だ。

 デモの多いお国柄、韓国を象徴するような出来事ではあるが、周囲は割と冷静。「効果があるなら参加してもいいかな」とは、偶然聞こえてきた見物人の言葉だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10