ニュース
» 2005年07月13日 19時47分 公開

YOZAN、WiMAXの宅内端末などを展示ワイヤレスジャパン2005

YOZANは「ワイヤレスジャパン2005」会場で、WiMAXの卓上送受信機などを展示していた。将来的にWiMAX-SIMなども提供する計画という。

[杉浦正武,ITmedia]

 YOZANは13日に開幕した「ワイヤレスジャパン2005」の展示会場で、WiMAXの無線機器を展示していた。屋内に設置する卓上送受信機や、屋外の電柱などに設置するWiMAX/Wi-Fiの変換コンバータなどが並んでいた。

Photo WiMAXの卓上型送受信機「EasyST」。基地局からの電波を、これで受けるイメージだ
Photo EasySTの台座部分には、イーサネットポートが見える。WAN側をWiMAXでつないで、LANを構築できるイメージのようだ
Photo こちらは電柱などに設置する「ProST」。WiMAXの基地局からWiMAXの電波を受信し、Wi-Fiに変換して周囲300メートルをWi-Fiエリアにするという

 いずれもデモ機で、本サービス開始時にこの形状になるかは未定とのこと。機器のレンタル料などは未定だ。「最後にエンドユーザーの料金を決めるのは(YOZANから回線提供を受けた)VNO事業者になる。機器を売り切り制にするのか、月額レンタルにするのかはVNO事業者の判断になる」(説明員)

 YOZANは今後、2006年夏ごろにWiMAXのPCカードを提供する計画。さらに2007年にはドコモがFOMA端末に提供しているSIMカードのように、WiMAX端末に挿して利用できるWiMAX-SIMカードを用意し、モバイル機器とセットで使えるようにする考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう