「W41T」のHDDに入れられるものと入れられないもの

» 2006年01月25日 23時17分 公開
[園部修,ITmedia]

 東芝製端末「W41T」に搭載されている4GバイトのHDDは、PCからアクセスできないセキュアな専用領域が約3.25Gバイトあり、SDメモリカードのような感覚で利用できる。この領域を、便宜的にセキュア領域と呼ぶ。一方、USBマスストレージとしてPCから認識できる約512Mバイトの領域は、基本的に著作権保護などが必要ないデータのみを書き込める。こちらは仮にマスストレージ領域と名付ける。2つの領域は完全に分けられており、携帯電話本体から直接マスストレージ領域に書き出せるデータは一部に限られる(1月19日の記事参照)

 では、HDDには具体的にどのようなデータが記録されるのか。

Photo データの保存場所を本体とHDDに分けて解説した図。それぞれに保存できるデータについて細かく説明してある。東芝資料より引用

 上の写真は、W41Tの資料に掲載されていた、本体とHDDにどのようなデータが保存できるかを解説した図だ。

 この図で分かるのは、本体側の50Mバイトのメモリ上に保存されているデータのうち、ボイスフォルダやボイス、グラフィック、ダウンロードメニュー、ダウンロードフォントなどのデータについては、一切メモリ上から移動できないということ。HDDに書き出せるのは、ムービーフォルダやフォトフォルダ内のデータ、EZムービー、着うたフル、プレイリストなどに限られる。

HDDにコピーできないものHDDにコピーできるもの
ボイスフォルダ
ボイス
グラフィック
カラオケ
フォトミキサー
ダウンロードメニュー
フレーム
スタンプ
辞書
PIM情報
テキスト
チャンネルボックス
マルチフォルダ
Eメールフォルダ
ダウンロードフォント
ムービーフォルダ
フォトフォルダ
EZムービー
着うたフル
プレイリスト
PC配信データ
CDデータ
サウンド
ブックフォルダ

 データの書き出しは、HDD内のセキュア領域に対してのみ行なえる。ちなみにHDDに書き出せるデータは、同梱されるライブラリソフト「au Music Port」を利用すればPCにバックアップすることも可能だ。

 マスストレージ領域には、メールの送受信ボックスのコピーや、アドレス帳、スケジュール、タスクリスト、お気に入りをコピーしておけるバックアップフォルダと、PCフォルダ、それにユーザー管理情報などが記録される。なお、カメラで撮影した写真は、VGAサイズ以上の場合最初からマスストレージ領域のDCIMフォルダ以下に保存する。もちろん、PC上で利用する各種データの保存にも使える。

USBマスストレージ領域に保存できるもの
Eメール受信ボックス
Eメール送信ボックス
Cメール受信ボックス
Cメール送信ボックス
アドレス帳
スケジュール
タスクリスト
お気に入り

 セキュア領域にあるムービーフォルダとフォトフォルダ内のデータのうち、著作権保護されていないものについては、マスストレージ領域にもコピー可能だ。これらのデータは、マスストレージ領域にコピーすれば、PCから直接読み書きできるようになる。W41Tの場合、QVGAサイズで15fpsのムービーを1回あたり最大2時間録画でき、およそ18時間分のムービーファイルがHDDのセキュア領域に保存しておけるのだが、このムービーファイルは、2時間分でも1ファイルあたり最大で512Mバイト弱程度に収まる。そのため、マスストレージ領域を空にしておけば、セキュア領域からマスストレージ領域にムービーファイルをコピーして、PCに転送するといったことも可能だ。au Music PortがインストールされていないPCにムービーをコピーしたい場合などに活用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー