ついに登場、4GバイトHDD携帯──「W41T」

» 2006年01月19日 11時16分 公開
[後藤祥子,ITmedia]

 ついに日本でもHDDを搭載した携帯電話が登場した。東芝製のWIN端末「W41T」だ。これまで海外ではSamsung(2005年10月の記事参照)、Nokia(2005年4月の記事参照)らがHDD携帯をリリースしていたが、日本メーカーから製品が登場するのは初となる。

 →HDD詳細記事

 W41Tに搭載されたのは、東芝製の0.85インチHDD。同社は携帯電話に同社製のHDDを搭載した場合のイメージモックを展示した実績があり(2004年9月の記事参照)、今回、それが製品化された格好だ。

 メインターゲットとして狙うのは、「まだiPodなどのモバイルオーディオプレイヤーを持っておらず、これから購入を検討する20〜30代の男女」(説明員)だという。

photo 左からフィーチャーグリーン、アンビエントホワイト、ビートブラック


カラーの部分が中央の白い部分を包み込むようなラウンドデザイン。端末の上蓋には透明の樹脂がつややかに光るダブルモールド加工が施された。音楽機能の操作パネルは静電式で、触れると再生や停止、前後曲への移動が可能。タッチすると操作部のアイコンがブルーに光る


 W41Tは、外部メモリの代わりに4GバイトHDDを搭載したWIN端末。HDD内に約2000曲の音楽データを保存でき、データフォルダ内の写真やムービーのバックアップ、PCの外部ストレージ(HDDの512Mバイトのみ利用可能)といった用途にも利用できる。HDDは、端末下部のHDDロゴのあたりに装備。耐衝撃性を考慮してHDDの周りを緩衝材で包み、さらにその上をシールドシートで包んでいる。落下に対する耐性は通常の携帯電話より若干弱くなるため、HDD搭載オーディオプレイヤーを扱うのと同等の注意が必要だという。「落下に配慮して、製品にはネックストラップを同梱する」(説明員)

HDDはロゴのあるあたりに搭載。メインメニューにもHDDメニューが用意される

 Bluetooth機能は「W31T」に搭載されているプロファイルに加え、AVRCP(音楽機能をコントロールするプロファイル)と独自拡張したA2DPを搭載。ハンズフリー通話やアドレス帳交換などの用途のほか、独自拡張のA2DPに対応したヤマハ製Bluetooth対応スピーカー「NX-A01」や、加賀電子製のペンダント型Bluetoothイヤフォン「BTee Music」に音楽を飛ばし、ハンズフリーで音楽を楽しめる。なおBluetooth対応のPCにアーカイブした楽曲をワイヤレスで携帯に転送するような機能には対応していないという。

 音楽機能に注力した端末で、本体上面には音楽操作専用の静電パッドキーを装備。本体を閉じたまま、再生や停止、前後曲へのスキップなどの操作を行える。静電パッドはPCのタッチパッドに使われているデバイスで、指でなぞるように各機能を操作できるもの。閉じた状態で再生マークに長めにタッチすると音楽プレーヤーが起動し、再生マークの左右にあるマークにタッチすると前後曲にスキップする。もう一度再生マークにタッチすると曲が一時停止。再生マークに長く触れるとプレーヤーが終了する。本体側面にはスライド式のロックキーが設けられ、誤動作防止に役立つ。

音楽操作用ボタンに静電パネルを採用。ボタンが飛び出したりすることなく、機能を搭載できた。イコライザーは、サラウンド設定などとの組み合わせにより、48種類から選べる


photo

 付属のクレードルはUSBコネクタを備えており、auが新たに提供する音楽管理ソフト「au Music Port」と連携する仕組み。クレードルに端末を置くとPC側のau Music Portソフトが自動で起動し、簡単操作で楽曲を転送できる。

 カメラは323万画素CCD、メインディスプレイは2.4インチのTFT液晶(QVGA)で、PCサイトビューアーや外部メモリスロットは備えていない。3Dグラフィックエンジン「T4G」の搭載により、本格3Dゲームを楽しめる。本体メモリには電子辞書「辞スパ」も収録される。



photo

 主な仕様は下記の通り。

製品名 W41T
サイズ(幅×高さ×厚み) 50×106×28ミリ
重さ 157グラム
連続通話時間 210分
連続待受時間 280時間
メインディスプレイ 2.4インチ26万2144色TFT液晶(QVGA)
サブディスプレイ ホワイトバックライト付きワイドモノクロ液晶(160×33ピクセル)
カメラ 323万画素CCD
データフォルダ容量 50Mバイトまたは1000件
文字入力 Mobile Rupo
アドレス帳登録件数 700件
着メロ 128和音
外部メモリ
カラー フィーチャーグリーン/ビートブラック/アンビエントホワイト
発売時期 2月上旬


サービス -
EZFM
EZFeliCa ×
auICカード ×
Hello Messenger
EZナビウォーク(声de入力)
電子コンパス ×
赤外線 ×
Eメールバックグラウンド受信
ステレオスピーカー
安心ナビ
バイリンガル ×
SD-Audio ×
PCサイトビューア ×

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月22日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  3. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  4. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. 「Galaxy A55 5G」のそっくりスマホ「Galaxy A35 5G」が海外で販売中 何が違う? (2024年05月21日)
  7. 「iOS 17.5.1」配信 削除した写真が表示されるバグを修正 (2024年05月21日)
  8. 「Galaxy S24 Ultra」のカメラを徹底検証 2億画素の10倍ズームは常用できるレベル AIやSペンを駆使した機能も秀逸 (2024年05月20日)
  9. ドコモが「dポイントクラブ」を改定する真の狙い “d払い併用”でも損する場合あり (2024年05月18日)
  10. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年