「neon」が都内で店頭に並ぶ──新規は1万円台後半

» 2006年02月24日 15時33分 公開
[杉浦正武,ITmedia]

 ドコモが2月16日に発表した702iシリーズ4機種の発売(2月16日の記事参照)に照準を合わせるかのように、急きょ2月24日からの発売がアナウンスされたKDDIの「neon」。都内の量販店での新規価格は1万8690円(ITmedia調べ)で、店舗にもよるがライバルの702iシリーズより安めの価格設定となった(2月24日の記事参照)。なお、某店舗ではすでにshiroとkuroが売り切れで、mizuiroの在庫も残り少なかった。

 北海道、中部、北陸、関西、四国、沖縄エリアでの発売と、東北、中国エリアでのmizuiroの販売開始は25日から。

 KDDIの春モデルは、これで京セラの「W41K」を除くすべてが発売になった。2月24日の時点で「W41T」「W41CA」「W41H」「W41SA」の新規価格は発売当初から変わっておらず、W41TとW41Hが2万7090、W41CAは1万9740円、W41SAは1万3440円。ただ、1月27日に発売した「W41S」だけは既に新規価格が1円になっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー