ニュース
» 2006年03月06日 08時00分 公開

MediaFLO Day:Qualcomm CEO、「先進的な日本市場には常に注目している」 (3/3)

[園部修,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

「IEEE802.20」は「モバイルWiMAX」より優れた技術

 同社が中心になって推進しているワイヤレスブロードバンド接続の規格、「IEEE802.20」については、「モバイルWiMAX」よりも明らかに性能が高く、優位な点の多い技術であることを強調した。日本の通信事業者の多くは、モバイルWiMAXの実証実験などを積極的に行っており、盛り上がりを見せている。しかしジェイコブス氏は「モバイルWiMAXの性能や能力については、『誇大広告』(hype)な部分があるように思う」という。

 Qualcommの試算では、モバイルWiMAXのセクター毎の平均スループットは、3Gの発展系であるCDMA2000 1x EV-DO Rev.AやHSDPAと比べても遅いという(1月19日の記事参照)。セル半径もEV-DO Rev.Aより小さいため、基地局はEV-DO Rev.Aの2倍以上必要になると見込まれる。

 「セクタースループットやキャパシティー、ハンドオーバーの技術など、802.20には非常に優れている点が多いと考えている。高い性能を追求しなくてはならない日本市場のキャリアがどの技術を選ぶべきかは自明だ」(ジェイコブス氏)

キーワードは「パートナーシップ」「実行」「革新」

 今後の米Qualcommの戦略については、3つのキーワードを挙げた。それは「パートナーシップ」「実行」そして「革新」だ。

 「パートナーシップ」はチップメーカーであるQualcommにとって重要な、キャリア、端末メーカー、コンテンツプロバイダ、ソフトウェアデベロッパとのパートナーシップである。Qualcommが持つ個々の技術は、それだけでは意味がなく、パートナーに利用してもらって初めて意味のあるものになるという。

 「実行」とは、発表したロードマップ通りに、CDMA2000 1x EV-DO Rev.A、Rev.BやHSDPAといった新技術を導入していくことだ。テクノロジーを進化させ、市場をリードしていくことはこれからも欠かせない要素の1つとした。

 「革新」は、CDMAの次世代の技術やIEEE802.20といった新しいテクノロジーを常に開発し続けていくこと。ジェイコブス氏は「PC業界では新しいアイディアがなく、進歩が止まってしまった感がある。ユーザーが新しいPCを買う理由がなくなってきているのだ。携帯電話業界ではそういう状況を招きたくはない」と意気込みを示した。

Photo 米Qualcomm本社には、同社がこれまでに取得した特許のパネルを飾った壁、“Patent Wall”がある。パネルの数は1000枚を超える
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう