携帯向け“放送局”をスタートさせるクアルコム(1/3 ページ)

» 2005年02月09日 00時29分 公開
[斎藤健二,ITmedia]

 地上デジタル放送(1セグ放送)、モバイル放送(モバHO)に続き、携帯端末向け放送サービスの計画が動き始めた。

米MediaFLOのスケジュール
2005年末MediaFLOチップエンジニアリングサンプル
2006年夏フィールド試験
2006年末一部都市でサービス開始

 CDMA技術の提供元として知られるクアルコムは、「MediaFLO」(メディアフロー)と呼ばれる携帯電話向けの放送ネットワークを構築・運営していく計画だ。米国では2004年の11月に運営を行う子会社「MediaFLO USA」を設立(2004年11月2日の記事参照)。2006年末の商用サービス開始に向けて準備を進めている。

 MediaFLOは、携帯電話サービスとは別に放送用の周波数を使って、動画などを配信する、まさに“放送局”的なサービスだ。

 クアルコムジャパンは、日本でもサービス提供に積極的。2005年中にも携帯向けの1セグ放送が始まる予定だが(特集参照)、それだけでは足りないとクアルコムジャパンの松本徹三社長は話す。「2007年には、日本でも米国なみのサービスが提供されるべきではないか。1セグと共存共栄していくべきではないか。総務省にも打診を始めた」(同氏)

携帯電話の待受画面のイメージ。画面に天気やニュースなどがリアルタイムで表示され、動画のアイコンをクリックすると映像が流れる

連続4時間視聴可能な低消費電力が特徴

 FLOとはFowrad Link Onlyの略。下り方向のみの通信で、いわゆる放送波と同じ。受信するユーザーごとに異なるデータを送ることもなく、基本的には垂れ流しのサービスだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  2. カラー電子ペーパー搭載「BOOX Go Color 7」で読書体験が超快適に テキスト主体なら文句なし (2024年07月12日)
  3. Suicaがなくてもスマホで乗れる! JR東日本が二次元コード乗車サービス「えきねっとQチケ」を10月1日から運用開始 東北地区から順次拡大 (2024年07月11日)
  4. 進化した「OPPO Reno11 A」が4万円台を維持できたワケ Reno9 Aでガッカリした3つのポイントを重点強化 (2024年07月11日)
  5. 「iPhone 14 Plus」の128GB、Apple Storeより2.5万円安くなる Amazonで10万円以下となるも、悩みのタネ (2024年07月11日)
  6. 折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold6」、日本で7月31日に発売 面倒な作業はAI任せ、先代より薄型かつ軽量に (2024年07月10日)
  7. 約11万円の「Apple Watch」が6万円台に 「AirPods Pro(第2世代)」もお買い得【Amazonプライムデー先行セール】 (2024年07月11日)
  8. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  9. 「Galaxy Z Flip6/Z Fold6」もdocomoロゴなし 背面の“共通・シンプル化”が進む (2024年07月11日)
  10. 「Galaxy Tab A9+」が2万円台、「Galaxy Watch6」もお買い得【Amazonプライムデー】 (2024年07月11日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー