ニュース
» 2006年05月25日 19時14分 公開

ソニエリの考える「シンプルな使いやすさ」とは――SO702i開発者インタビュー(3/3 ページ)

[吉岡綾乃,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ジョグダイヤルは復活しないのか?

photo カメラの撮影画像はすべて縦向きの設定になっている

 SO702iのソフトウェアは、SO902iとほとんど同じだ。ソフトウェアで手を入れたのは、着せかえメニュー設定の部分(一括で設定を行える)と、カメラ周りくらいだという。

 従来、ソニエリの端末では横撮りを基本スタイルとしており、横を向けて本体側面のシャッターボタンを押す端末がほとんどだった。しかしSO702iでは本体側面のシャッターボタンをなくし、シャッターは決定キーで押すようにしたほか、撮影画像もすべて縦向きに変更した。「クラムシェル型の携帯で写真を撮る場合は、縦で撮るのがやはり携帯らしい撮り方、という意見が多かったたため」(上田氏)

 シャッターボタンが側面にないのには、もう1つ理由がある。「パネルの面積をできるだけ広くするために、側面ボタンはすべてなくした。背面液晶がないのも同じ理由」(竹井氏)

photo パネルの面積を広くし、着せかえがしやすいように、側面にはキーがない
photo 背面液晶の代わりに、不在着信があったときにはパネルを外すときに押すリリースボタンが光る。マクロ切り替えスイッチを挟んで反対側は赤外線受光部

 キーの押しやすさや、液晶の明るさなど「使いやすさ」にこだわったというSO702i。ドコモのソニエリ端末といえば、ムーバの頃はジョグダイヤルがトレードマークになっていた。ソニエリ初のFOMA端末であるSO902i、そして夏モデルのSO702i/SO902iWP+と3機種連続でジョグダイヤルは搭載していないが、今後FOMA端末でジョグダイヤルを搭載する予定はないのだろうか。

 「今後、ソニエリが未来永劫ジョグダイヤルを搭載しない、というつもりはない。ただ、SO702iは『小型で使いやすい』がコンセプト。ジョグダイヤルを搭載することで大きくなってしまってはいけないと判断した。また、十字キーでないとゲームなどはやりにくい、という声があるため、『誰にでも使いやすい』という目的のため今回は(ジョグダイヤルを)外している」(上田氏)

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー