ニュース
» 2006年07月25日 11時58分 公開

モトローラとソフトバンク、モバイルWiMAX実証実験協力で合意

ソフトバンクのモバイルWiMAX(IEEE 802.16e-2005)の実証実験において、モトローラはアクセスポイントやアクセスネットワーク、モバイルWiMAX対応端末の提供を行う。

[岩城俊介,ITmedia]

 モトローラは現地時間の7月24日、「モバイルWiMAX(IEEE 802.16e-2005)」の実証実験実施においてソフトバンクグループと合意したと発表した。

 同社は2.5GHz帯の周波数を用い、アクセスポイントやアクセスネットワーク(5カ所のモバイルWiMAX基地局)、モバイルWiMAX対応端末のプロトタイプ機器25台を含むエンドツーエンドのトライアルシステムを提供する。同ソリューションがマルチアンテナ伝送システムをサポートし、データスループットの高速化や有効サービスエリアを拡張する優れたMIMO(Multiple Input Multiple Out)機能を具備実現するものになるとしている。

 実験期間は2006年9月から5カ月間。2.5GHz帯域のモバイルWiMAXにおけるスループットとエリアの確認、アクセスポイント間のネットワークのハンドオーバー速度などの性能を検証する。

 ソフトバンクグループは同規格の有用性の確認と情報収集を目的とし、免許申請および実験主催はグループ会社のボーダフォンが行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう