ニュース
» 2006年10月03日 21時26分 公開

CEATEC JAPAN 2006:“大気シミュレータ”で天気予報──新たな気象情報サイト「ピンポイント天気」

東芝とゼンリンデータコムによる新しい気象情報サイトが始まる。それが「ピンポイント天気」。東芝の持つ大規模な大気シミュレータが予測した気象情報を提供するサービスだ。

[岩城俊介,ITmedia]
photo

 CEATEC JAPAN 2006東芝ブース 携帯コーナーの片隅でデモを行っていたのが、東芝とゼンリンデータコムによる気象情報サービス「ピンポイント天気」。10月12日よりEZwebで、18日よりYahoo!ケータイでサービスを開始する。情報料は157円/月(税込み)、あるいは一部機能のみ使用できる無料版を用意する。

 一見するとよくあるような天気情報提供サイト。しかし“ピンポイントさ”と“情報量の多さ・細かさ”を大きな特徴とするサービスのようだ。一部離島を除く日本全土を一片5キロの立方体で分割した7万6083箇所のポイント/約240万個で区分した天気情報を提供。そしてこれらポイントは、標高や土地の利用状況をはじめとする地理的要因から分析し、天候、風向き/風速、雨量/気温のほか、雷発生率、霧発生率、紫外線量などの気象全般を1時間おきに“予測”して表示する仕組みとなっている。シミュレーションで得た気象の予測情報はライブビジネスウエザー社により監修される。

 ゼンリンデータコムは自社の膨大な地図データを軸にした地図検索技術を、東芝 社会システム社は区分した地形ポイント別に大気シミュレータが分析し、コンピュータシミュレートにより気象を予測するシステムを手がけた。一般的に気象庁などが提供する天気予報は大まかな地域別で、かつ数時間おきに更新されるわけだが、それを元に日本全土のポイント別/1時間毎(気象レーダーや関東甲信越地方の落雷情報は10分おき)の気象を予測するという大規模なものになっている。気象庁発表の予報をそのまま表示するのではなく、シミュレータで予測した情報というところに興味惹かれるではないか。

photophoto 「ピンポイント天気」のトップ画面。よくある千葉県北西部……ではなく、「“幕張メッセ”周辺の天気」となっている。右の画像はより細かい。「千葉県千葉市美浜区中瀬……」とある(幕張メッセの住所は千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
photophoto 1時間おきの予報表示が可能。天気や気温だけでなく、雨天時には雨量、風向き/風量も表示される(左)。さらに、発雷や霧発生の有無や紫外線の強さなども(右)
photophoto 旅行時などはもちろん、普通の外出時にも便利そうな「予約メール」機能。「丸の内から渋谷(の会社)経由で池袋がいいか、その逆がいいか、どちらが雨に降られないか」「現在7時、丸の内は曇り。待ち合わせ場所は10時に新宿。そのとき雨降っているだろうか」というような細かく具体的な天気チェックも行える
photo ピンポイント天気(EZweb/Yahoo!ケータイ)

 ゼンリンデータコムの情報により、住所や施設名称、電話番号などのキーワードで気象チェックしたい場所をピンポイントで設定でき、GPS機能搭載の携帯であれば、今、自分がいる場所の気象情報を瞬時に確認できる。そのほか、検索した場所の予測情報を指定した日の前日、および当日の朝にメールで連絡してくれる機能(au向けのみ)や、雨が降る/発雷する直前にアラームを鳴らして知らせるなどの機能も備わる。

 アクセスは、http://pinten.jp/ から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう