ニュース
» 2006年10月04日 16時39分 公開

CEATEC JAPAN 2006:“ワンセグ”と“カスタムバングル”が触って試せる日立ブース

「Wooo」の最新モデルが所狭しと並ぶ日立製作所ブースの携帯関連の展示は、現行モデルの「W42H」と「W43H」のタッチ&トライコーナーが中心だ

[園部修,ITmedia]
Photo

 日立製作所のブースは、発表したばかりの「Wooo」各モデルで埋め尽くされているほか、Blu-ray Discや「超解像」と呼ぶ新技術の展示が中心だ(10月3日の記事参照)。携帯端末関連の展示はこぢんまりとしているが、au向けに供給している「W43H」と「W42H」の実機が用意されており、来場者は自由に各種機能を試すことができる。

PhotoPhoto 日立ブースには10台のW43Hが展示されている。壁にはワンセグを受信中の製品が一面に取り付けられており、画質の良さをアピールする
PhotoPhoto 5月に発表されたW42HもW43Hの横に6台用意されており、自由に触ることができる。カスタムバングルのバリエーションなども確認可能だ

 W43Hは10台、W42Hは6台用意されており、カラーバリエーションも全色展示されている。W43Hは、その独特のダブルインジェクションモールドによる質感の違いなどもじっくり観察可能だ。ミスティックバイオレットに採用された「マジョーラ」の色の変化も手にとって確認できる。W42Hのカスタムバングル(7月27日の記事参照)も実物が見られる。

 展示コーナーはブースの隅の方にあるが、壁面にW43Hを多数並べているので見付けるのは容易だ。すぐ横ではアンケート用紙を配っており、4つの質問とアンケートに答えると水で動作する時計「WATER CLOCK」がもらえる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう