ニュース
» 2007年03月14日 15時19分 公開

イー・モバイルの基地局開設計画の変更、総務省が認定

総務省は3月14日、2月13日にイー・モバイルから申請された、1.7GHz帯を利用する携帯電話基地局の開設計画の変更を認定した。

[ITmedia]

 総務省は3月14日、イー・モバイルが2月13日に申請した、1.7GHz帯の周波数を使用する特定基地局の開設計画の変更を認定した。基地局の総数や加入数見込みなどが修正されている。

 イー・モバイルは、総務省が告示した「1.7GHzギガヘルツ帯又は2GHzギガヘルツ帯を使用する特定基地局の開設に関する指針」に基づいて、2005年11月10日に1.7GHz帯を使用する特定基地局の開設計画の認定を受けていたが(2005年11月の記事参照)、ドコモとのローミングサービスについて基本合意に至ったこと(2006年9月の記事参照)、基地局設置場所の確保に難航したことなどの理由で、開設計画の変更を申請していた。

 変更前と変更後の開設計画の主な違いは以下の通り。

  変更前(2005年11月10日) 変更後(2007年2月13日)
基地局 1万5210局 1万3563局
陸上移動中継局 2696局 397局
運用開始予定期日 2007年3月15日 2007年3月31日
人口カバー率50%を達成する予定年度 関東:2006年度
その他:2007年度
関東、東海、近畿:2008年度
北海道、信越、九州:2009年度
東北、北陸、中国、四国、沖縄:2010年度
運用開始5年後の年度(2011年度)末の加入数見込み 505万 421万
※地域名はいずれも総合通信局の名称

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう