ニュース
» 2007年03月23日 18時21分 公開

ブラックが人気の「MEDIA SKIN」──都内量販店では完売の店舗も

3月23日に発売されたau design project第6弾となる「MEDIA SKIN」の売れ行きが好調なようだ。都内の量販店では、ブラックの初回ロットは軒並み完売となっている模様。

[園部修,ITmedia]

 吉岡徳仁氏が手がけたau design project 6番目の端末「MEDIA SKIN」が3月23日に店頭に並んだ(3月22日の記事参照)。2006年2月に発売された深澤直人氏デザインの「neon」以来、約1年ぶりに登場したau design project端末の人気は相変わらず高く、売れ行きは非常に好調だ。

PhotoPhotoPhoto 都内量販店では、ブラックはすでに完売している店舗が多いようだ。オレンジ、ホワイトも在庫はあるものもすでに残り少ない状況だという

 あくまでも東京都内の大手量販店に限った話ではあるが、発売当日というのにすでに完売している店舗が多数ある。編集部で確認したところ、ビックカメラ有楽町店やヨドバシカメラ新宿西口本店は全色完売、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaではブラックが完売でホワイトとオレンジのみ若干在庫がある状況だった。ビックカメラの池袋本店でもブラックは完売で、新規契約ならホワイトとオレンジが若干残っており、機種変更の場合はホワイトのみ多少在庫があるという。

 KDDI広報部は「MEDIA SKINの初回ロットが極端に少ないということはない」と話しており、入荷数が少ないための完売劇というわけではないようだ。もちろん、“完売”というのはあくまでも初回ロットの話で、限定生産というわけでもないため、今後順次入荷するはずだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう