速報
» 2007年04月04日 23時42分 公開

PiTaPa、PASMO、マクドナルドのキーパーソンがFeliCaビジネスを語るセミナー

[ITmedia]

 アークブレインは4月26日、「『決済+ポイント・クーポン』で拡大するFeliCaビジネスの可能性」と題したセミナーを開催する。受講費は3万円で、会場は東京グランドホテル。

 ビットワレットの「Edy」や全日本空輸の「ANAマイレージクラブ」などに代表される、非接触IC「FeliCa」を利用した決済やポイントサービスなどは、日常生活の中で多数利用されており、今や生活インフラといっても過言ではない。FeliCaを搭載した携帯電話「おサイフケータイ」も、ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3キャリア合計で累計2800万台を超え、急速に普及している。

 中でもFeliCa決済と連携する新たなサービスやビジネスに注目が集まっていることから、セミナーには、「PiTaPa」を推進する阪急電鉄 都市交通事業本部 都市交通計画部 調査役(スルッとKANSAI協議会 PiTaPaプロジェクトマネージャー 兼 スルッとKANSAI 執行役員)の松田圭史氏や、先ごろNTTドコモと提携し、「iD」と「トルカ」の導入を発表した日本マクドナルド 情報通信システム本部 執行役員本部長 前田信一氏、「PASMO」を展開する東京急行電鉄 情報コミュニケーション事業部 課長の土屋智永氏、ITmediaでもおなじみのジャーナリスト神尾寿氏が登壇。FeliCaの決済と、ポイントやクーポンとの連携のについて、プレゼンテーションやパネルディスカッションを通して展望する。

 申し込みはアークブレインのWebサイト(http://arkbrain.co.jp/)にある「PiTaPa・マクドナルド・PASMO『決済+ポイント・クーポン』で拡大するFeliCaビジネスの可能性」から行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう