レビュー
» 2007年05月24日 21時38分 公開

写真で解説する「X02HT」 (2/2)

[平賀洋一,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 Windows Mobile 6 Standard Editionは、より“携帯電話”に特化したプラットフォームで、そのインタフェースは従来のWindows Mobileなどと少し違っている。例えばスタートメニューを開いてもメニューバーは登場せず、画面全体が切り替わって登録アプリを表示。設定画面もアイコンではなくテキストベースで表示し、セットアップウィザードの様に「進む」「戻る」という画面遷移が徹底されている。

 もちろん、それぞれの設定画面やアプリケーションになるとメニューバーやプルダウンメニューが登場するため、Windows Mobile共通の操作感が失われているわけではない。これまで国内で発売されたWindows Mobile端末はタッチパネルによる操作が前提であったため、片手での操作に難があった。Windows Mobile 6 Standard Editionを搭載するX02Hであれば、より携帯電話に近い使い勝手でスマートフォンを活用できるかもしれない。

photophotophoto 待受画面にあたるホーム画面。最近使ったアプリが画面上部にならぶ(左)。スタートメニューはメニューバーが表示されるのではなく、画面ごと切り替わる(中央)。設定画面などではテキストベースに(左)

photophotophoto インタフェースのテーマは変更可能(左)。Windows Mobile 6になり、内蔵メモリだけでなく外部メモリの暗号化が可能になった(中央)。単体でのWindows Updateにも対応する(左)

photophotophoto 「JOGGR」の設定画面。タッチセンサーのため自分にあった設定値にしないと、少し使いづらい(左)。スタートメニューの「メッセージ」フォルダには、メールなどコミュニケーション機能が用意されている(中央)。メールソフトは「メール」(Outlook互換)とS!メール用アプリの「SoftBankメール」を内蔵。Windows Live Messenger(右)や、Windows Live用のソフトも標準搭載

photophotophoto 内蔵ブラウザの「Internet Explorer Mobile」もバージョンアップ。HTMLレンダリングを高速化し、Ajaxへの対応を深めた。3月末にテクニカルプレビュー版をリリースした「Deepfish」のような、ズームイン/アウト機能はなく、表示モードは従来通りの3パターン

photophotophoto スタート内の「エンターテイメント」フォルダにマルチメディア機能が用意されている(左)。ご存じWindows Media Playerで動画や音楽を再生する(中央)。オーディオマネージャはプレイリストを管理するソフト(右)

photophotophoto カメラ/ビデオレコーダは本体側面の[カメラ]キーからも起動できる。縦に構えても横長に撮れるのが新鮮だ(左)。撮影可能な最大解像度は1600×1200ピクセル(中央)。撮った画像や映像の管理は「画像とビデオ」フォルダで行う

photophotophoto 内蔵のオフィスツール(左)、端末の無線モードを切り替えるコミュニケーションマネージャ(中央)、スケジュール画面も縦位置のままで横レイアウト(左)

photophotophoto デバイス情報とバージョン情報

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


この記事に関連するキーワード

X02HTX01HTWindows MobileQWERTYスマートフォンPDAHSDPAHTC孫正義ソフトバンクモバイル


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう