ニュース
» 2007年06月12日 19時32分 公開

携帯電話、PHSともに前年同月比マイナスに──JEITA 4月携帯出荷

電子情報技術産業協会(JEITA)が2007年4月の移動電話国内出荷台数実を発表。携帯電話とPHSを合わせた移動電話全体での出荷台数は、前年同月比97.4%の417万7000台となった。

[園部修,ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)が6月12日に発表した、2007年4月の移動電話国内出荷台数実績は、前年同月比97.4%の417万7000台だった。2月、3月は2カ月連続で500万台を超える出荷(5月15日の記事参照)となっていたが、春商戦が終わり一段落したようだ。

 携帯電話のみの出荷台数は408万4000台で前年同月比は98%。ただし3G以上の端末だけで見ると402万1000台と前年より増加している。前年同月比は112.6%。なおPDCなどの2G端末は6万3000台で、前年同月比は10.6%。3G比率は98.5%となった。2G端末の出荷台数が10万台を下回るのはこれで7カ月連続。

 PHSは夏の新商品の発売を前に一服したようで、出荷台数は9万3000台。前年同月比は75.2%と大きく落ち込んだ。10万台を割ったのは2006年11月以来5カ月ぶり。

Graph 携帯電話出荷実績の推移
Graph PHS出荷実績の推移

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう