ニュース
» 2007年06月22日 22時11分 公開

5分で分かる、今週のモバイル事情6月16日〜6月22日

今週は、総務省の2.5GHz帯の割当方針案に対し“2.5GHz帯でWiMAX”の展開を狙う各キャリアの動きが活発化。異なるキャリアが共同戦線を張って事業免許取得を狙う動きも見られた。

[後藤祥子,ITmedia]

“2.5GHz帯でWiMAX”、通信キャリアの“あの手この手”

 今週は、総務省の2.5GHz帯割当方針案に対し、“2.5GHz帯でWiMAX”の展開を目指す通信キャリアの対応が活発化。参入条件で優位に立つアッカ・ネットワークスは、7月上旬をめどに事業企画会社「アッカ・ワイヤレス」を設立すると発表。事業免許取得に向けた準備を開始した(6月21日の記事参照)

 同日、イー・アクセスが同社の事業戦略発表会で、“2.5GHz帯でWiMAX”の実現に向け、ソフトバンクモバイルと共同戦線で臨むと発表。両社で「Feasibility Study」(実行可能性、採算性、企業化調査)の検討を進めるとした。イー・アクセスの千本倖生会長は「他キャリアにも参加を呼びかけたい」とし、既存キャリアと組んででも2.5GHz帯を使ったWiMAXに参入できるよう検討を進める意向だ(6月21日の記事参照)

イー・モバイル、新端末と新料金プランを発表

 イー・アクセスの事業戦略発表会の翌日には、イー・モバイルが新料金プランの「ライトデータプラン」とUSB接続型のデータ端末「D01HW」を発表した。

 7月1日から提供するライトデータプランは、データ通信の利用量に応じて料金が2段階に変動する定額制を採用。1カ月のデータ利用量が17Mバイトを超えると月額基本料3480円(年とく割適用時:2480円)に0.0105円/パケットの通信料が従量加算されるが、52Mバイト以上利用した場合でも6480円/月(年とく割適用時:5480円/月)以上の料金は加算されないというものだ。

 6月23日に店頭に並ぶD01HWは、中国Huawei製のUSB接続型データ通信端末で、HSDPAに対応。同社端末として初めて、Mac OS用のドライバが用意され、MacユーザーもHSDPAの高速通信を利用可能になる。

 イー・モバイルの契約数は6月1日時点で約5万件。新料金プランと新端末の投入、エリア拡大で契約数の拡大を目指す。

夏モデルが続々発売

 今週も夏モデル3モデルの発売日が決まった。「ウォークマンケータイ W52S」が19日、「BRAVIAケータイ SO903iTV」が6月22日に店頭に並び、23日にはパナソニック モバイルコミュニケーションズ製のWIN端末「W52P」が発売される。

 また、少し先になるが、ウィルコムのシャープ製スマートフォン「Advanced/W-ZERO3[es]」の発売日も7月19日に決定した。

Nokia、Qualcommがイベント

 今週は海外で2つのイベントが開催された。1つはNokiaがシンガポールで開催した「NOKIA CONNECTION 2007」。イベントでは3モデルの新機種が登場。中でも注目なのは、“手のひらサイズ”のHSDPA端末「6121 classic」。重さ89グラムというコンパクトさが魅力で、日本での登場が待たれる。

 Qualcommは「BREW 2007 CONFERENCE」で、EV-DO Rev.Aの高速化規格「EV-DO Rev.B」と、さらにその先の次世代通信技術「UMB」の技術デモを展開。Rev.A以前は1波しか利用していなかった電波(キャリア)を複数束ねて利用することで高速化が図られ、デモでは3波を用いる約5MHz(3.75MHz+ガードバンド)幅で下り最大9.3Mbps/上り最大5.2Mbpsで通信する様子を披露した(6月22日の記事参照)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー