ニュース
» 2007年07月02日 16時22分 公開

1つのコンテンツを携帯、PC、携帯ゲーム機で──大日本印刷の「シームレスメディアサービス」

PCで途中まで読んだ電子書籍の続きは、携帯で読む──。こんな利用を可能にするサービスを大日本印刷が開発した。

[ITmedia]

 大日本印刷は6月29日、1つのコンテンツをさまざまな端末で継続して利用できるコンテンツ配信サービス「シームレスメディアサービス」を開発したことを発表した。

 シームレスメディアサービスは、1つのコンテンツをPCやスマートフォン、携帯ゲーム機などでシームレスに利用できるようにする技術。利用者ごとの閲覧状態がサーバに保持されるため、ある端末で閲覧していたページの続きを、別の端末で閲覧することができる。

 同サービスの実証実験として、学研インデックスと共同で学習教材コンテンツを配信。実験に参加した学生からは、端末を替えても続きから学習できることや、電車の待ち時間などの空き時間にも学習ができることが歓迎されたという。同社は今後、教育分野を中心に実用化を推進し、2008年春のサービス開始を目指す。

 大日本印刷は、2007年7月5日から8日まで、東京ビッグサイトで開催される「第14回東京国際ブックフェア」の同社ブースで、サービスの紹介を行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう