レビュー
» 2007年07月05日 22時54分 公開

写真で解説する「F704i」(2/2 ページ)

[太田百合子,ITmedia]
前のページへ 1|2       
photophoto
photophoto ブラックとホワイトの待受画面やメニューはF703iと同じだが、マゼンダと新色のゴールドには、それぞれのカラーにあわせた新しいデザインを採用。ゴールドはエレガントな印象、マゼンダはポップな印象のイメージになっている。メニューや待受画面などを一括で変更できる「トータルコーディネイト設定」も健在だが、F703iに存在したキリンのテーマは姿を消した

 メニューには3G国際ローミングへの対応にあわせて、新たに「国際ローミング/ダイヤルアシスト」という項目が追加された。現地のネットワークを自動的に検索するか否かや優先ネットワークの設定、留守番電話や転送電話といった海外渡航時に必要な設定を、この項目からまとめて行える。

photophoto
photophoto 国際ローミングの利用時に必要な設定をまとめて行えるメニューを用意。ネットワーク関連の設定のほか、渡航先で待受画面の時計表示を自動的にデュアル時計にできる機能も搭載する

 背面パネルには、白色LEDを使い、時刻や着信を報せる「フローティングサイン」や、3色×1、白色×2のLEDでさまざまな光りパターンを表示する「フローティングイルミ」をF703iから継承して搭載する。サインやイルミネーションのパターンに変更はないが、イルミネーションや音、画面に表示するアニメーションを組み合わせてさまざまな気分を表現する“癒し”機能「リラックスモードプラス」も引き続き採用する。

photophoto 4けたの文字や記号を各7つに分けられた白色LEDで表示する「フローティングサイン」。時刻や着信のほか、サインのパターンによって、ICカードのロック状態や電池残量、メールや不在着信の有無なども確認できる(左)。パネルがやわらかくほんわり光る「フローティングイルミ」は、50種類のカラーパターンから好みのものを選んで設定できる。“カラーの選択”時にカラーセラピストによるアドバイスもチェックできるのが細かいこだわりポイントだ(右)
photophoto 音とカラーセラピストがコーディネートする「フローティングイルミ」の色やアニメーションの組み合わせが楽しめる「リラックスモードプラス」を搭載。ほかに、周囲の音に反応してアニメーションやイルミネーションが変化するモードもある
機種名 F704i
サイズ(幅×高さ×厚さ) 48×100×17.9ミリ
重さ 約109グラム
連続通話時間 約145分(テレビ電話:約80分)
連続待受時間 約420時間(静止時)、約300時間(移動時)
アウトカメラ 有効130万画素CMOS
インカメラ 有効11万画素CMOS
外部メモリ microSD
メインディスプレイ 2.2インチ(240×320ピクセル) 26万色TFT液晶
サブディスプレイ 22(縦)×17(横)ミリ 7セグメントLED 4けた 1色
主な対応サービス 着うたフル+WMA再生、メガiアプリ、おサイフケータイ、国際ローミング(3G)、デコメ絵文字、着もじ、着せ替えツール、電話帳お預かりサービス、おまかせロック、FOMAプラスエリア/1.7GHz対応 ほか
ボディカラー マゼンタ、ホワイト、ゴールド、ブラック



新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう