速報
» 2007年08月20日 23時35分 公開

携帯電話でサーバ管理を行う「mutil」の正式版がリリース

[ITmedia]

 インフォクラフトは、携帯電話を用いてサーバ管理を可能にするツール群「mutil」を開発し、8月20日に正式版の提供を開始した。

 mutilは、遠隔地からコンピュータのコントロールが可能なSSHクライアント「mssh」、サーバ監視モニタ「minfo」、ワンタッチでコマンド実行可能なスクリプトランチャ「mshortcut」という3つのツールで構成されており、通信はすべてSSHを利用することで高い安全性を実現する。

 推奨機種はNTTドコモの904i/903i/902i/704i/703iシリーズで、特に高速通信が可能なHSDPA端末を推奨している。

 利用料金は1日利用が680円、30日利用が1280円、180日利用が6780円。無料版も用意されており、ダウンロード後1日は無制限に無料での利用が可能だ。それ以降は、有料版ユーザーの通信帯域保証のため、利用可能な通信容量が制限される。

関連キーワード

サーバ | HSDPA | 無料 | NTTドコモ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう