速報
» 2007年09月18日 23時18分 公開

おサイフケータイでコカ・コーラを買える──Club Cmode会員が100万人を突破

[ITmedia]

 日本コカ・コーラ、NTTドコモ、伊藤忠商事は9月18日、おサイフケータイでコカ・コーラ飲料を購入できる「Club Cmode」の会員数が、2007年9月13日に100万人を突破したことを発表した。また、Cmode対応自動販売機(愛称:シーモ)の設置台数も、8月6日に2万台を突破した。

 シーモは、おサイフケータイ対応携帯電話で決済できる専用のコンピュータユニットが組み込まれた自動販売機。Club Cmode会員は利用に応じたポイントプログラムや各種キャンペーンなどに参加できる。独自のプリペイド方式電子マネー「Cmodeマネー」による決済のほか、2006年10月には後払い電子マネー「iD」の決済にも対応した。

 9月11日からはCmodeを活用したサンプリングキャンペーンを実施。所定のモバイルサイトにアクセスし、製品と引き換えるための「シーポン」をダウンロードしてシーモにかざすと、ジョージア・ブランドの新製品「ジョージア ヴィンテージ レーベル」を受け取れる。「コカ・コーラ ゼロ」の発売にあわせて実施したのサンプリングキャンペーンでは、2週間の実施期間中に20万人以上が新製品を試飲したという。

 ジョージア ヴィンテージ レーベルのサンプリングは、先着30万名が対象。また、日本テレビ放送網が提供するワンセグ利用者を対象に、キャンペーン情報がクーポンとして自動的に蓄積される機能「ワンセグinfo」を活用した、新たなサンプリング広告実験も展開中だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー