ニュース
» 2007年09月21日 22時22分 公開

10月発売は“夏モデル?”携帯販売ランキング(9月10日〜9月16日)(1/2 ページ)

「敬老の日需要」で、ドコモのらくらくホンやauの簡単ケータイが躍進するトピックはあるものの、秋冬商戦向けモデルの発表を控え、今回もランキングは停滞ぎみ。ところでどのキャリアも“夏モデル”として発表した端末のうち、1、2機種が未発売だが、これらは“夏モデル”とまとめてよいものなのだろうか。

[岩城俊介,ITmedia]
順位NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイル
1(1)FOMAらくらくホンIII
(F882iES)
(1)W52SH(2)912SH
2(2)SH904i(2)W52CA(1)FULLFACE 913SH
3(8)らくらくホンIV
(F883iES)
(3)W52SA(3)910SH
4(4)F904i(5)W44K II(6)812SH
5(6)SH703i(4)W53T(4)816SH
6(3)P904i(6)W52P(7)705P
7(5)SH903iTV(9)簡単ケータイ
A5528K
(5)fanfun. 815T
8(7)SH704i(7)EXILIMケータイ
W53CA
(9)912T
9(9)N904i(8)W54T(8)810T
10(10)D904i(10)ウォークマンケータイ
W52S
(11)707SC II

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。(2007年9月第3週)

“らくらくホン”が1、3フィニッシュ──人気ピークに

Photo FOMAらくらくホンIII

 今回の販売ランキングは9月10日から16日の集計。9月17日の敬老の日を目前に、ドコモ端末は「らくらくホン」シリーズの人気がピークに達したようだ。

 首位は前回と変わらず富士通製のユニバーサル携帯「FOMAらくらくホンIII」が獲得。本端末の連続首位記録はこれで「6」に伸びた。そして前回8位の新機種「らくらくホンIV」も一気に3位まで躍進した。ドコモ端末はここ1、2年、商戦期の狭間に主力機種の動きが落ち着くとともにらくらくホンシリーズが上位に躍り出る傾向はあるが、TOP3に2機種ものらくらくホンが入るのは珍しい。

 2007年の夏モデル「904i」シリーズは全5機種が順当にランクイン。2位にシャープ製の「SH904i」(前回2位)、4位に富士通製のワンセグ端末「F904i」(前回4位)、6位にパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P904i」(前回6位)、9位にNEC製のHSDPA端末「N904i」(前回9位)、10位に三菱電機製の「D904i」(前回10位)が入った。

 一方の70xiシリーズは、今回もランクインしたのはシャープ製の2機種だけだった。704iシリーズは残り1機種、LG電子製“HSDPA対応チョコレートフォン”「L704i」が控えている。発売は発表当初から10月予定とされ、そもそも“夏モデル”としてまとめるのはやや無理がある端末だが、果たして10月のランキングに一石を投じることはできるだろうか。なお、2006年の秋冬商戦向けモデル「903i」シリーズは(番号ポータビリティ開始の都合はあったと思われるが)SH903iが10月24日に発売されたわけだが、次期ハイエンドモデルと同時期、あるいはそれより遅れてしまうようだと、それらに埋もれてしまったりはしないだろうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー