レビュー
» 2007年10月22日 23時00分 公開

写真で解説する「THE PREMIUM 820SH」 (1/2)

スリムボディにワンセグやS!ミュージックコネクト、Bluetoothを搭載したHSDPA端末「THE PREMIUM 820SH」。ステンレス素材を生かしたシンプルなデザインに豊富なカラーを用意し、“プレミアム感”をアピールしている。

[平賀洋一,ITmedia]
photophoto 「THE PREMIUM 820SH」。カラーはシルバー、ブラック、ゴールド、ピンク、ホワイト、ローズレッド、イエローグリーン、スカイブルーの8色

 シャープ製の「THE PREMIUM 820SH」(以下、820SH)は、ステンレス素材を用いた厚さ13.4ミリとスリムなスタンダード端末。2007年春モデルとして発売された20色ケータイこと「812SH」の後継モデルで、普及機でありながらHSPDAをサポートし、ワンセグ機能も搭載した。さらに、WMA形式の音楽ファイル再生に対応し、新サービスのS!ミュージックコネクトも利用可能。さらに、Bluetoothを使ってワイヤレスで音楽を楽しむことができる。

 メインディスプレイは2.6インチのワイドQVGA(240×400ピクセル)表示対応モバイルASV液晶で、サブディスプレイに0.5インチの60×32ピクセル表示対応白色有機ELを搭載する。カメラは有効200万画素CMOSで、外部メモリには最大2GバイトまでのmicroSDを採用した。

 同時発表の兄弟機「THE PREMIUM 821SH」(以下、821SH)との違いは外観デザインと一部のプリセットコンテンツ(壁紙デザインなど)が異なるのみで、ソフトの仕様は同一。820SHはやや丸みを帯びたラウンドフォルムで、ステンレスボディをさり気なく生かした、主張しすぎないデザインとなっている。

 カラーはシルバー、ブラック、ゴールド、ピンク、ホワイト、ローズレッド、イエローグリーン、スカイブルーの8色。新サービスは、S!ミュージックコネクトのほかに、高速オンラインゲームとS!まとめて支払いに対応する。

 なお820SHは、国際ローミングに対応しない日本国内専用のモデル。発売は、12月上旬以降を予定している。

photophoto 「THE PREMIUM 820SH」(イエローグリーン)の端末を閉じた状態。背面(左)と裏面(右)。背面パネルは丸みがあって“つるっ”とした質感。サブディスプレイは裏面、カメラレンズの下側にある。

photophoto 端末を開いた状態。820SHは、ボディ内側やヒンジ部もボディカラーとの同色仕上げ。アクセントとして、十字キーとダイヤルキー、カメラのレンズ周りがシルバーになっている

photophoto 820SHの左側面(左)と右側面(右)。左側面にmiceoSDカードスロットと赤外線ポート、S!一斉トーク(旧サービス名:サークルトーク)起動用ボタン、[上]/[下]キーを配置。右側には、ワンセグ用アンテナと平形ヘッドフォン端子がある

photophoto 端末の先端部(左)とヒンジ部(右)。外部接続端子はダイヤルキー側ボディの底面に、充電/着信ランプがディスプレイ側ボディの先端にある。ちなみにステンレス素材は背面パネルの表面(外側)のみ使われており、それ以外は従来端末と同じ樹脂製。塗装技術の発達で、下地が違う素材でもまったく同じような色に仕上げられたという

photophoto ソフトキー、ダイヤルキーはシートキーの上に突起部となるパーツを載せた構造。ボディから飛び出しているため、どのキーを押しているのか指先先で判断できる。812SHではフレームレスキーだったが、820SHでは操作部を外観デザインに合わせるため、端末のフォルムを連想する丸とだ円のキーを採用している。カラーにシルバーが使われているのも、ステンレスボディであることをアピールするため(左)。

電池パックの容量は720ミリアンペアアワー。連続通話時間、連続待受時間、ワンセグの連続視聴時間はいずれも測定中

photophotophoto ワンセグアンテナは収納時にボディと沿うような断面をしている。2段階に伸縮するタイプで、アンテナ基部をボディから引き出せるため、可動部分の自由度が高い

photophotophoto ワンセグを横画面で見る場合は、このようなスタイルになる(左)。縦画面のままアンテナを立てることも可能

photophotophotophoto 端末裏面のサブディスプレイはサイドキーを押すごとに時刻表示を切り替える。ちなみに920SHと同じ仕様の有機ELを使っているという
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう