ニュース
» 2007年11月22日 14時40分 公開

au「W53K」発売、“フルサポートコース”での新規価格は1万円台後半

auのスリムワンセグ端末「W53K」が関東・九州エリアで発売された。au買い方セレクトのシンプルコースを選択した際の価格は3万9980円。フルサポートコースを選択すると1万8900円になる。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 京セラ製スリムワンセグケータイの「W53K」。カラーはパッショネイトレッド、シャンパンピンク、ルミナスシルバーの3色

 auの京セラ製端末「W53K」が関東・九州エリアで販売開始となった。11月17日には中国・四国・沖縄エリア、11月20日には北海道エリアで発売されている。また、東北・北陸・関西エリアでの販売開始は23日からの予定だ。

 都内量販店でのW53K購入価格は、au買い方セレクトのシンプルコースを選択した場合が新規・機種変更ともに3万9980円。フルサポートコースを選択すると2万1000円の購入サポートが適用され、新規・機種変更とも1万8900円になる。さらに、店舗指定のオプションサービスに加入すると1万3650円で購入できるプランも用意されていた。なお、ツーカーからの同番変更価格は1円(フルサポートコース)だった。

 W53Kは、京セラのベストセラー端末「W44K」のコンセプトを継承したスリムワンセグ端末。厚さ15.7ミリの回転2軸ボディに、2.7インチのワイドQVGA(240×400ピクセル)液晶を搭載する。ワンセグは、ディスプレイを表向きにして閉じるだけで容易に起動できるほか、予約録画にも対応。背面は強化ガラスを用いたハーフミラーパネルで、さまざまな情報を表示できるイルミネーションキーを搭載した。

関連キーワード

au | W53K | 京セラ | au買い方セレクト | KDDI | ワンセグ | W44K


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー