速報
» 2007年12月03日 23時34分 公開

ドコモ、M702iS(RED)利用料の一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付

[ITmedia]

 NTTドコモグループは12月1日の世界エイズデーに合わせ、世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付したことを発表した。

 アフリカでのHIV/AIDS対策支援として、モトローラ製のプロダクト・レッド製品「M702iS(RED)」を2007年4月27日に発売。同端末ユーザーの月額請求額の1%にあたる金額を、世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付した。4月から9月末の間に寄付した金額は、700人以上の人々を1年間継続して治療できる額に相当するという。

 同社は今後もM702iS(RED)の利用に応じて、引き続き寄付を行う予定としている。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう