速報
» 2007年12月14日 19時11分 公開

スマートフォン向けセキュリティソフト「MobileBlocker」に新機能

[ITmedia]

 クラスメソッドは12月14日、スマートフォン向けセキュリティソフト「MobileBlocker」に新機能を追加するとともに、対応端末を拡充したことを発表した。同ソフトの利用料金は月額380円から。

 MobileBlockerは、モバイル端末の一部機能に制限をかけられるセキュリティソフト。端末に標準で搭載されるアプリケーションのうち、不要なものを起動させずに利用できるようにする。端末に搭載されるUSBや無線LAN、外部メモリなどの各種インタフェースについても利用制限を設定可能だ。

 クラスメソッドは、MobileBlockerに“設定項目制限”機能を追加。これによりスタートメニューの設定の各項目を非表示にできる。設定項目の表示/非表示は、管理者が任意に設定できる。

 また同社は、ウィルコムの「Advanced/W-ZERO3[es]」(WS011SH)に加え、ソフトバンクモバイルの「X01HT」、ドコモの「hTc Z」、イー・モバイルの「S01SH」(EM・ONE)を対応機種に追加した。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう