ニュース
» 2007年12月21日 14時25分 公開

アルテル、「RX420AL」をバージョンアップ――アドエス装着時の安定性向上

アルテルは、ウィルコム向けW-SIM「RX420AL」用のバージョンアップソフトを公開した。Advanced/W-ZERO3[es]装着時の動作安定性が向上する。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「RX420AL」

 アルテルは12月21日、ウィルコム向けW-SIM「RX420AL」用のバージョンアップソフトを公開した。

 バージョンアップによりRX420ALのファームウェアをVer1.05に更新、Advanced/W-ZERO3[es]利用時の動作安定性が向上する。

 バージョンアップソフトは、W-ZERO3(WS003SH/WS004SH)、W-ZERO3[es](WS007SH)、Advanced/W-ZERO3[es](WS011SH)など端末単体でダウンロードし適用できるほか、一度PCでダウンロードしてから外部メモリやActiveSync経由で端末にコピーすることもできる。W-ZERO3用ソフトのサイズは679Kバイト。なお、端末でダウンロードする場合は料金プランに応じたパケット通信料が発生する。

 また、「WS008HA」や「DD」(WS002IN)などのPC向けデータカードからのバージョンアップも行える。対応OSはMicrosoft Windows 2000/XP/Vista、MacOS 9.0〜9.2.2、OS X 10.2〜10.3.9/10.4〜10.5.1。Windows用ソフトのサイズは820Kバイト、MacOS 9.0〜9.2.2/OS X 10.2〜10.3.9用は647Kバイト、OS X 10.4〜10.5.1用は1.5Mバイトとなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう