ニュース
» 2007年12月21日 18時26分 公開

WiMAX事業はKDDIのMVNOとして展開――アッカ・ネットワークス

WiMAXを使った無線ブロードバンドサービスの開始を視野に、アッカ・ワイヤレスを設立したアッカ・ネットワークス。2.5GHz帯の免許取得はかなわなかったものの、引き続き無線事業の展開に向けた検討を進めるという。

[後藤祥子,ITmedia]

 2.5GHz帯を利用する次世代高速無線事業の免許取得がかなわなかった、アッカ・ネットワークスとアッカ・ワイヤレスが、今後の無線事業の展開に関する方針を明らかにした。

 アッカ・ワイヤレスは設立時の事業方針説明会で、オープンな水平分業モデルによるWiMAX事業の展開をめざすとし、(1)世界各国で利用可能なサービス(2)パートナー企業との連携による新たな市場の開拓(3)固定系ネットワークと(ADSLや光ファイバー)との連携 を推進する方針だと説明。ほかにも、定額サービスの提供や、1つのIDで複数デバイスを利用できる“1 ID、マルチデバイス方式”を採用するとしていた。

 アッカ・ワイヤレスとアッカ・ネットワークスの両社は、これまでの基本戦略を引き継ぎながら、無線事業の開始を目指す考え。ただし、当初の大規模投資を伴うインフラ事業モデルから、小規模投資による付加価値をベースとするサービス事業モデルに転換する。

 WiMAX事業については「認定された事業者から提供されるオープンなMVNOを活用する」としており、モバイルWiMAXで2.5GHz帯に参入するKDDIのMVNOとして無線事業を展開する方向だ。

関連キーワード

アッカ・ワイヤレス | WiMAX | MVNO | ADSL


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう