連載
» 2007年12月21日 22時53分 公開

XX(エクスクロス)魔境伝説「今すぐ逃げろ! 足を切り落とされるぞ!」Mobile&Movie 第288回

映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは『このミステリーがすごい!』大賞の受賞作を映画化した『XX(エクスクロス)魔境伝説』。物語は暗闇の部屋で鳴り響く、持ち主不明の携帯電話から始まります。

[本田亜友子,ITmedia]
作品名XX(エクスクロス)魔境伝説
監督深作健太
制作年・製作国2007年日本作品


 今回ご紹介する作品は、第1回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した上甲宣之の小説「そのケータイはXX(エクスクロス)で」を、映画化した『XX(エクスクロス)魔境伝説』。原作のタイトルが示すとおり、携帯電話で連絡を取り合いながら、謎が絡み合っていくアクションスリラー。物語は暗闇の部屋で鳴り響く、持ち主不明の携帯電話から始まります。

 女子大生のしより(松下奈緒)は、初めて本気で好きになった圭一(池内博之)に浮気をされて落ち込んでいました。誠実なしよりは圭一の行動を頑なに許せず、別れることに。そんなしよりを励まそうと温泉旅行に誘ったのは親友の愛子(鈴木亜美)。しよりとは正反対の自由奔放な性格で、恋愛もゲーム感覚で楽しむタイプ。愛子はしよりが深く考え過ぎだと慰めますが、しよりは落ち込むばかり。

 愛子が見つけたという秘湯の温泉地「阿鹿里村」に近付くにつれ、まわりの景色は不気味なものに。車を運転するしよりは、だんだん不安になってきますが、愛子は呑気に携帯で他の友人と連絡していました。そんな自分勝手な愛子の姿にイライラがつのり、ふとしたことでケンカしてしまいます。

 あやしい静けさに包まれた温泉宿に着いて、しよりと愛子は別々に行動することに。さっそく温泉に入り、愛子より先に部屋に戻って来たしよりは、部屋のどこかで携帯電話が鳴り響いていることに気付きます。その音のする場所には、誰かの携帯電話が。おそるおそる電話に出てみると

 「今すぐ逃げろ!足を切り落とされるぞ!」

 と緊迫した男の声。

 「もしもし?」

 しよりはいたずらかと思い、とまどいます。

 「あの、ちょっと」

 しよりは電話を切ろうといますが、男は

 「早くそこから逃げろ!」

 と切羽詰った様子で続けます。しよりは、ただのいたずらではないと判断し、男から事情を聞くことに。男の名は物部といい、妹の携帯電話に連絡を入れたというのです。しよりが妹らしき人の姿はないと告げた時、部屋のドアを激しく叩く音が……。

 気付くと「阿鹿里村」の村人たちが恐ろしい形相で、部屋のまわりを取り囲んでいたのです。慌てて部屋を飛び出すしより。物部の妹の携帯電話も手に持って、暗い森の中を走り続けます。しよりは、物部から聞いた「阿鹿里村」に伝わる惨たらしい風習を思い出し、それが事実なのではと怯え始めます。

 自分の携帯電話でもう一人の親友・弥生(中川翔子)に連絡し、物部という男の正体と「阿鹿里村」のことを調べてもらうことに。弥生は快く引き受けてくれましたが、最後にこう付け加えました。「愛子には気をつけて」と。

 愛子は何のために、しよりを「阿鹿里村」に誘い出したのか? そして、しよりを待ち受ける衝撃の結末とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう