レビュー
» 2008年05月11日 04時47分 公開

写真で解説する「PRADA Phone by LG」(ソフトウェア編) (2/3)

[岩城俊介,ITmedia]
photophotophoto 文字入力時は下半分にダイヤルキーが表示され、タッチ(あるいはスタイラスペン)で操作していく。フィードバック効果を有効にしておけばタッチするたびにブルッと震えるので、押したかどうかもかなり自然に認識でき、ある程度素早く操作しても入力の取りこぼしはほとんどなかった

日本語入力システムはオムロンソフトウェアのWnnシリーズを採用し、日本語の予測変換も対応。予測候補は選択時に表示枠が大きくなり、その中から直接タッチ操作、あるいは下部のメニューキーから選ぶ

ダイヤルキー部がディスプレイに表示される分、入力窓はやや狭いが、携帯のキー入力をブラインドタッチできるほど慣れていないユーザーも、少ない目線の移動量で済むメリットはある。一気に文章を入力するのではなく、数センテンスずつ入力していくスタイルが向いているようだ

Get Macromedia FLASH PLAYER 日本語入力画面。オムロン ソフトウェア製の日本語入力システムWnnシリーズを搭載。日本語の予測変換機能や絵文字変換機能なども備える。文字入力用のダイヤルキー画面が多くを占めるのでテキスト入力スペースはやや狭く、決定キーやクリアキーの配置が独特なので最初は少しとまどうかもしれないが、すぐ慣れる範囲ではあると思う

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

photophoto 一定時間後に文字を確定する「自動カーソル移動」も備える。そのほか、HTMLメールのデコメール/デコメ絵文字にも対応し、デコメテンプレートも多数プリセットする

photophotophoto iモードは一般的なドコモ端末と同様に使える。iモードサイトでダウンロードする着うた/着うたフルなどのコンテンツも(サイト側の対応次第だが)多くのサイトで利用できると思われる。ディスプレイ下部の操作キー以外に、ディスプレイ上を指でなぞることでもスクロールできる。この操作性はなかなかだ

フルブラウザも搭載する。フルブラウザは下り最大7.2Mbpsで通信できるFOMAハイスピードの効果を享受できる機能の1つ。フルブラウザも指スクロールが可能で、素早く動かすと“加速スクロール”もできる

Get Macromedia FLASH PLAYER Webブラウズ(iモード)画面。指でなぞるようにWebサイトをスクロールできる。素早くすぱっと動かすと慣性が働くようにひゅるるる……とスクロールするのも直感的である

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

photophotophoto サイトの拡大/縮小、表示モードの変更も可能。表示モードはPC向けサイトをそのまま表示するスタイルと、画面の狭い携帯で表示するため、縦スクロールのみのデザインに変更するスタイルから選べる
photophoto 縮小すると表示できる範囲も広がる。PCサイト全体を縮小し、表示する範囲を選んで表示することも可能
photophoto メディアプレーヤー機能もかなり充実する。音楽は着うたフル、SD-Audio、AAC、AAC+のほか、音声のみとなるがMusic&Videoチャネルも楽しめる。動画はiモーションに対応し、MPEG-4、H.263形式の最大400×240ピクセル/30fps動画を再生できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう