ソニエリ、第2四半期業績への懸念を表明――ハイエンド端末への需要減速などで

» 2008年06月28日 08時05分 公開
[ITmedia]

 Sony Ericssonは6月27日、第2四半期(4〜6月期)の業績についての見通しを発表した。売上高および税引き前純利益が、新製品の出荷の遅れと、ミッドレンジ、ハイエンド携帯電話への需要減速の影響を受ける見込みだという。

 現在の見通しでは、第2四半期中の出荷台数は約2400万台、平均販売価格(ASP)は115ユーロ。粗利益率は前年同期の29.6%と前四半期の29.2%のいずれをも下回る見通しで、税引き前の純利益は「おおよそ収支トントン」にとどまりそうだという。同社は、前年同期は3億2700万ユーロ、1〜3月期は1億9300万ユーロの税引き前純利益を計上していた。

 同社の第2四半期決算発表は、7月18日の予定。

関連キーワード

Sony Ericsson | 携帯電話 | 決算


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. 縦折りスマートフォン6機種のスペックを比較する サイズ/カメラ/価格の違いは? (2024年04月17日)
  2. ソフトバンク版iPhone 15 Pro、Pixel 8 Proの一部容量が実質24円(※別途費用あり) 1年で買い替える人向け「新トクするサポート(プレミアム)」の内訳とは (2024年04月17日)
  3. Back Marketの「リファービッシュ製品」が中古と違うワケ 売れ筋はiPhone 13、バッテリー“100%保証”の計画も (2024年04月17日)
  4. 「ポケモンGO」大幅アップデート より自分に近いスタイル変更、現実世界を反映したビジュアルなど (2024年04月16日)
  5. 「改正NTT法」が国会で成立 KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが「強い懸念」表明 (2024年04月17日)
  6. 「なめてんの?」前澤友作さん、Metaの“他責的声明”に激怒 著名人なりすまし広告問題で (2024年04月17日)
  7. HMDとハイネケン、透明で“退屈な”折りたたみ携帯を発表 (2024年04月17日)
  8. 最新のXperia発表か ソニーが「Xperia SPECIAL EVENT 2024」を5月17日に開催 (2024年04月17日)
  9. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  10. ソフトバンク、「新トクするサポート(プレミアム)」を4月18日に開始 対象機種は? 現行プログラムとの違いは? (2024年04月16日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年