弾幕系シューティング「怒首領蜂大復活」がiPhone/iPod touch向けに配信決定App Town ゲーム

» 2010年08月23日 15時33分 公開
[ITmedia]

 ケイブは、兼ねてから発表していたiPhone/iPod touch向けゲームアプリ「怒首領蜂大復活」を8月26日(木)より配信すると発表した。なお、この配信決定を記念して、8月29日までの4日間は、通常価格1000円のところ、特別価格の600円で提供される。

 弾幕系シューティングゲーム「怒首領蜂大往生」の続編としてアーケードで人気の「怒首領蜂大復活」が、iPhone/iPod touchで大復活を遂げる。基本システムは前作そのままに、本作では敵の攻撃を激化させ、その弾幕を自機の弾幕で相殺する「ハイパーカウンター」や、敵機の発するレーザーを自機のレーザーで押し返す「カウンターレーザー」など、弾を防御するための新システムを追加したのが特徴だ。Xbox 360への移植も発表されている。

 iPhone/iPod touch版「怒首領蜂大復活」では、「ARCADE MODE」ではアーケード版BGMを、そして今回「iPhone MODE」用にBGMを一新し、コンポーザーには前山田健一氏と、平田祥一郎氏が完全新曲を書き下ろしている。前山田健一氏は、倖田來未&misonoの「It's all love」や東方神起「Share the world」を手掛ける新鋭クリエイター。平田祥一郎氏は、ゲームサウンドのプロデューサーとして「Beat mania」や「Dance Dance Revolution」などを手掛けている。

 また、「iPhone MODE」と「ARCADE MODE」にはそれぞれ、「PRACTICE MODE」を搭載。3種類の画面サイズ、6種類のボタンのレイアウト変更に、各種ボタンのコントロールも充実しているので、初心者にもやさしい設計になっている。また、Open Feintに対応しているので、それぞれのゲームモードとキャラクターごとでランキングに対応し、世界中のプレイヤー達とハイスコアを競うことができるようになっている。ゲーム内の様々な条件を満たせば、アチーブメント(実績)を獲得することもできる。

「iPhone MODE」

 新システムS.M.モードを搭載。SのSLAUGHTER(スローター)、MのMENACE(メナス)を使い分け、必殺攻撃ハイパーキャノンで敵弾幕を突破する。

画面右上には「SMゲージ」という自機の状態を表すゲージがある。敵を破壊すると「S」寄りに、敵弾を自機付近にかすめると「M」寄りに変動していく。「S」ゲージMAXの状態を維持すると強力なショットが撃てるようになり、「M」ゲージMAXの状態を維持するとハイパーゲージが上昇していく。ハイパーゲージを貯め、「HYPER CANNON」ボタンでハイパー状態に。敵だけでなく敵の弾も破壊できるようになる。画面に出現するハンドルをクルクルと回そう

「ARCADE MODE」

 アーケード版「怒首領蜂大復活 ver.1.5」を移植したモードで、性能の異なる3種類の自機と3種類のスタイルが用意されている。



(C)2008 2010 CAVE CO.,LTD.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月28日 更新
  1. イオンモバイルのお得度を検証 “大容量を家族でシェア”がお得、ただし損する場合も (2024年05月26日)
  2. “コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」 (2024年05月26日)
  3. 「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた (2023年09月29日)
  4. 日本通信が「ネオキャリア」で実現するサービスとは? 福田社長が語る“音声接続”で広がる可能性 (2024年05月27日)
  5. KDDIがGoogleメッセージを標準アプリとして採用へ――4000万人の+メッセージユーザーはハシゴを外されたのか (2024年05月26日)
  6. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  7. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  8. 「マイナンバー法等の一部改正法」の一部が5月27日付で施行 海外での「マイナンバーカード」発行など、利用者の利便向上を狙う (2024年05月27日)
  9. ハイエンドスマホ「POCO F6 Pro」が6万9980円からの衝撃 “オンライン特化販売”は日本で根付くか (2024年05月25日)
  10. 本音レビュー:「iPhone 12 mini」から「iPhone 13 mini」に乗り換えて分かったこと (2021年11月08日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年