「ポケモンGO」と「Snapchat」の意外な共通点とは? 10代女子に聞いた

» 2016年07月29日 06時00分 公開
[村上万純ITmedia]

 世間は「ポケモンGO」フィーバーにわいているが、若者、特に10代女子の間では「Snapchat」や「Instagram」といった動画、写真アプリがまだまだ人気だ。一体若者はどう楽しんでいるのか。実際聞いてみると、ポケモンGOとSnapchatの意外な共通点が明らかになってきた。

「Snapchat」 若者に人気の「Snapchat」

Snapchatの魅力は「ノリと使いやすさ」

 専門学生の齊藤成美さん(19歳)は、「TwitterとLINEは毎日使ってますが、暇なときはよくSnapchatで遊んでます」と話す。Snapchatの魅力は「ノリと使いやすさ」で、自分の顔をデコった動画を友達と送り合うのが楽しいのだという。類似アプリ「SNOW」も使っていたが、「Snapchatの方が直感的で使いやすい」ことからSNOWは利用しなくなった。

ノリが大事 自分の顔が変わる楽しさとノリが魅力

 説明らしい説明もないアプリで、大人はその使い方に四苦八苦していたが、齊藤さんは最初からバリバリと使いこなしていたのだろうか。意外にも「最初は全部英語だったので、登録の仕方が分からずしばらく放置していました」と語る。後から友達に教えてもらい、徐々にハマっていったのだという。

齊藤さん 専門学生の齊藤成美さん(19歳)

ポケモンGOとSnapchatの意外な共通点

 あえて詳しく説明しないことで、アプリを介したコミュニケーションが生まれる。こうした「意図的な不親切」は、今話題のポケモンGOでも見られる。ポケモンGOはチュートリアルや説明がほとんどなく、いきなりゲームの世界に放り出される。モンスターの捕まえ方、アイテムの効用、ポケストップでの行動、ジムバトルの仕方など、初見では戸惑ってしまうことばかりだ(遊び方の説明の項目は用意している)。しかし、その不親切さ故にプレイヤー間での情報交換が盛んに行われ、結果的に大きな盛り上がりを見せている。

ポケモンGO 「ポケモンGO」のプレイ画面

 誰もが手軽に情報発信できるSNS時代では、議論したり情報交換したりする余白がポイントになるのかもしれない。ちなみに、普段あまりゲームをしない齊藤さんはポケモンGOには興味がないとのこと。だが、身近な友達と楽しめるノリを見つけられれば十分ハマる余地はありそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月15日 更新
  1. 古いiPhoneで撮影した写真が“エモい”と評価されるワケ 「iPhone 3GS」で試してみた (2024年07月14日)
  2. 有線イヤフォンをワイヤレス化できる「Bluetoothレシーバー」がダイソーで550円 使ってみたら想像以上に良かった (2024年07月14日)
  3. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  4. ドコモ販売ランキング:初登場の「Xperia 10 VI」と「AQUOS wish4」を抑えて首位に立ったのは……?【7月1日〜7月7日】 (2024年07月13日)
  5. アンカーが「Amazonプライムデー」に参加 260製品以上を最大50%オフに (2024年07月10日)
  6. 楽天モバイルの「株主優待SIM」は事業への理解を深めることが目的?(それはそれでアリ) (2024年07月13日)
  7. 「Galaxy Z Fold6/Z Flip6」は何が変わった? 折りたたみ×AIで新たな価値提案へ (2024年07月13日)
  8. 楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適 (2024年07月08日)
  9. PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、9月以降に2自治体で最大20%還元 (2024年07月12日)
  10. ダイソーで110円の「スイッチ付(USB)Type-Aケーブル」を便利に使う方法を探る 「USBデスクライト」のスイッチとして最適な反面注意点も (2024年07月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー