調査リポート
» 2019年02月28日 19時00分 公開

2019年は49歳以下のスマホ比率が9割超え ドコモ「モバイル社会研究所」のスマホ所有比率レポート

NTTドコモの企業内研究所であるモバイル社会研究所が、スマホの所有比率(2010〜2019年)に関するレポートを発表した。2011年の調査時点ではスマホ比率は全年代で2割に満たなかったが、若年層を中心に広がりを見せ始め、2019年では49歳以下のスマホ比率が9割を超えている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモの企業内研究所「モバイル社会研究所」は2月28日、スマホの所有比率(2010〜2019年)に関するレポートを発表した。調査対象は全国15〜79歳の男女で、2019 年1月時点は6926人が回答した。

 この調査の図では縦軸に5歳刻みの年齢、横軸に調査年をとり、スマートフォン比率の等高線を描いている。2011年の調査時点では全年代でのスマートフォン比率は2割に満たなかったが、その後若年層を中心に拡大。2016年は19歳以下のスマホ比率が9割を超え、2019年では49歳以下のスマホ比率が9割を超えた。

 スマートフォン比率80%の線に着目すると、2017〜2019年の3年間で30代後半(35〜39 歳→40代後半(45〜49歳)→50代後半(55〜59歳)と推移し、ミドル層での乗り換えが進んでることが伺える。一方、シニア層のスマートフォン比率の伸びはさらに緩やかだが、70代後半のスマートフォン比率は53%と既に半数を超えていて今後も伸びが期待できる。

Photo スマホ比率の経年変化

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう