ニュース
» 2019年03月06日 19時38分 公開

mineo、パケットの寄付で仙台市復興支援 災害支援タンクを試せる「防災訓練」も

ケイ・オプティコムは、3月11日に応援パケットを活用した仙台市復興支援を実施。mineoユーザー全員でパケットを共有する「フリータンク」の仕組みを応用し、仙台ふるさと応援寄附を通じて「ふるさとの杜再生プロジェクト」への寄附を行う。また、災害時に開放する「災害支援タンク」が正しく使えるよう、3月11日限定で全ユーザーへ開放する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ケイ・オプティコムは、3月11日からMVNOサービス「mineo」の「応援パケット」を活用した仙台市復興支援を行う。期間は3月31日まで。

Photo 「応援パケット」を活用した仙台市復興支援

 同社ではこれまで、災害救助法が適用された地域へmineoユーザー全員でパケットを共有する「フリータンク」を解放する「災害支援タンク」、マイネ王上のHAPPYな投稿をカウントする「HAPPY METER」が100万件たまるごとに桜の植樹を行う社会貢献プロジェクト「mineo green project」などの社会貢献活動を行ってきた。

 今回は「フリータンク」の仕組みを応用した「応援パケット」を活用し、東日本大震災で甚大な被害を受けた地域のみどりを再生させる「ふるさとの杜再生プロジェクト」へ仙台ふるさと応援寄付を通じて協力。mineoユーザーは1口10MB、最大10口を寄付でき、集まったパケットの総量1000MBごとに苗木1本相当の500円を仙台市に寄付する。寄付金は「ふるさとの杜再生プロジェクト」の植樹や育樹活動などに使用される。

 また、万一被災した際にも正しく利用できるよう、3月11日9時〜21時に「mineo防災訓練」として全ユーザーに「災害支援タンク」を開放。「パケットを入れる」操作に加え、通常は毎月21日から月末日の間にしか実施できない「パケットを引き出す」操作も体験できる。操作は1人1回、10MBまで。

Photo mineo防災訓練

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう