ニュース
» 2019年05月08日 11時00分 公開

シャープが新フラグシップ「AQUOS R3」発表 ディスプレイが「Pro IGZO」に進化

シャープが「AQUOS R3」を発表。2019年初夏以降に発売する。ディスプレイには、画質と性能を向上させた「Pro IGZO」を採用。静止画用と動画用の2カメラを搭載しており、約15秒のダイジェストムービーを自動で作成する機能も用意した。

[田中聡,ITmedia]

 シャープが5月8日、スマートフォンAQUOSの新モデル「AQUOS R3」を発表。2019年初夏以降に発売する。

AQUOS R3 シャープの最新スマートフォン「AQUOS R3」。左からプレミアムブラック、プラチナホワイト

 AQUOS R3は、ディスプレイやカメラ機能を強化したフラグシップモデル。カラーはプレミアムブラック、プラチナホワイト、エレガントグリーン、ピンクアメジスト、ラグジュアリーレッドの5色。前モデル「AQUOS R2」と同じく、丸みを帯びた狭額縁ボディーを実現しており、ディスプレイ下部には指紋センサーを搭載する。

AQUOS R3 プレミアムブラック
AQUOS R3 ディスプレイ下にある指紋センサー
AQUOS R3 背面は鏡面仕上げになっている

 6.2型のQHD+(1440×3120ピクセル)ディスプレイには、新開発の「Pro IGZO」を採用。10億色の色表現と、AQUOS R2比で約2倍の明るさを実現。肌の質感や青空のグラデーションなどを、より滑らかな階調で表現できるという。1秒間に120回の画面更新を行いスムーズなタッチ操作を可能にする120Hz駆動を実現しながら、電力効率が約10%アップした。同社は「スマートフォンAQUOS史上最高の画質と性能を実現した」とアピールする。

 AQUOS R2と同様、アウトカメラは「静止画用」と「動画用」の2つを搭載。静止画用カメラは約1220万画素、F1.7、焦点距離(35mmフィルム換算)26mm相当で光学式手ブレ補正にも対応する。新画質エンジン「ProPix2」も採用したことも特徴の1つ。AIが被写体の動きを検知し、シャッタースピードや露光を最適に調整することで、被写体ブレを抑えることが可能に。暗いシーンではAIが自動で高速連写し、ブレの少ない1枚を選ぶとともに、ノイズを除去する。

AQUOS R3 静止画用と動画用のカメラを背面に搭載

 動画用カメラは約2010万画素、F2.4、焦点距離18mm相当の超広角撮影が可能で、より広範囲にピントを合わせられる。AQUOS R2でおなじみ、動画撮影中に自動で静止画も保存する「AIライブシャッター」に加え、AIが笑顔や動きなどの見どころを抽出して約15秒のダイジェストムービーを自動で作成する「AIライブストーリー」も新たに用意した。シャープは「“撮るカメラから創るカメラへ”と進化した」と説明する。

 約1630万画素、F2.0、焦点距離25mmのインカメラはディスプレイをくりぬく形で搭載している。

AQUOS R3 インカメラ

 プロセッサはQualcommのSnapdragon 855、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GB。バッテリー容量は3200mAhで、Qi規格のワイヤレス充電にも対応する。本体サイズは約74(幅)×156(高さ)×8.9(奥行き)mm、重量は約185g。

AQUOS R3 手にフィットするよう、側面にはエッジが設けられている
AQUOS R3
AQUOS R3 3.5mmイヤフォンジャックを搭載
AQUOS R3
AQUOS R3

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう