ニュース
» 2020年01月29日 13時30分 公開

mineoが通信を“譲り合う”サービス開始 12〜13時の混雑緩和に

オプテージが、「mineo」向けに新サービス「ゆずるね。」を3月23日に開始する。1日の中で通信が最も混雑する12時〜13時の時間帯に、通信をしない宣言をすることで、混雑を緩和させるというもの。成功回数に応じて特典を付与する。

[田中聡,ITmedia]

 オプテージがMVNOサービス「mineo」で、通信帯域を譲り合うことで特典を得られる「ゆずるね。」サービスを2020年3月23日から提供する。利用料金は無料。【追記あり】

 ゆずるね。は、1日の中で通信が最も混雑する12時〜13時の時間帯に、通信をしないことを宣言することで、混雑を緩和させるというもの。ユーザーは前日の13時から当日の11時30分までに、mineoアプリ内の「ゆずるね。」ボタンから、当日の12時〜13時に通信しないことの意思表示を行う。その間の通信量が一定以下の場合、ゆずるね。が「成功」したと見なされ、達成回数に応じた特典が付与される。対象となる期間は平日のみで、土日は含まれない。

mineo アプリ上で「ゆずるね。」宣言をすると、成功回数によって特典がもらえる

 ゆずるね。に5回成功するとパケット100MBの付与、10回成功すると「夜間フリー」の付与、15回成功するとパケット200MBの付与、20回成功すると「プレミアム1DAYパスポート」の付与というのが特典の内容。20回成功すると、上記4つの特典が全て付与される。成功回数をカウントする期間は毎月21日〜翌月20日で、サービス開始時は3月23日〜4月20日となる。

 夜間フリーでは、ゆずるね。を10回成功した翌月1日から1カ月間、23時〜翌7時に、データ量を消費せずに高速通信が利用できる。プレミアム1DAYパスポートでは、混雑時にも快適に利用できるという専用のプレミアム帯域を、1日限定で利用できる。

mineo 特典の内容

 ゆずるね。の宣言をしたからといって、システム上で強制的に通信をストップするわけではなく、あくまでユーザーが自分の意思で通信を控える形となる。成功の基準となる「一定以下の通信」は、「数MB以下」を想定している。なお、高速通信をオフにして低速通信でも、一定量以上を使うと成功にはならない。ゆずるね。の利用回数制限は特に設けていない。

 プレミアム1DAYパスポートは家族や友人に譲れることに加え、他のmineoユーザーに譲れる「シェアスペース」も用意する。ここに提供されたプレミアム1DAYパスポートは、必要とするユーザーがいつでも引き出すことができる。災害時には、被災地域に引き出し機能を限定して開放する。

【更新:2020年1月30日17時22分 ゆずるね。が平日のみ対象としていることと、成功回数のカウント期間を追記しました】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう