ニュース
» 2020年03月30日 16時08分 公開

NTTコム、フルMVNOを活用した国内eSIMサービスを提供 まずはB向けから

NTTコミュニケーションズが、2020年4月1日から「フルMVNO」を活用したeSIMサービスを、法人向けに提供する。加入者管理装置を持つフルMVNOの仕組みを生かし、利用の休止や再開のタイミングを遠隔で制御できる「SIMライフサイクル管理」機能を用意。SIMの形状は、利用するデバイスから着脱ができる「Plug-inタイプ」と、機器に組み込んだ「Chipタイプ」の2つから選べる。

[田中聡,ITmedia]

 NTTコミュニケーションズが、2020年4月1日から「フルMVNO」を活用したeSIMサービスを、法人向けに提供する。

NTTコミュニケーションズ NTTコミュニケーションズのお知らせ

 同社は2019年4月から、海外向けのフルMVNOサービス「IoT Connect Mobile」を提供しており、国内でのIoT通信向けサービスを加えた。対象となるサービスは「Arcstar Universal One モバイル」「OCN モバイル ONE for Business」「モバイルアクセス卸サービス」「IoT Connect Mobile」。

 加入者管理装置を持つフルMVNOの仕組みを生かし、利用の休止や再開のタイミングを遠隔で制御できる「SIMライフサイクル管理」機能を用意。休止や再開の設定は、Webサイトから行える。

 SIMの形状は、端末から着脱ができる「Plug-inタイプ」と、端末に組み込んだ「Chipタイプ」の2つから選べる。両タイプとも標準の「ノーマルタイプ」に加え、温度耐性や書き込み耐性を強化した「インダストリアルグレード」を選べる。また、今後は物理的なSIMカードを用いない「ソフトSIM」の開発や、5G、ローカル5Gへの対応も検討していく。

 eSIMを利用する場合、セキュアな領域にJavaアプレットを実装して機能の拡張ができる。例えば、アプレット領域に暗号鍵を格納することで、セキュリティの向上やIoT機器の改ざん検知機能の追加などが可能になるという。

 今回はあくまで法人向けの案内だが、将来的には、コンシューマー向け「OCN モバイル ONE」への展開も予定しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10