ニュース
» 2020年04月13日 18時25分 公開

KDDIとメイツが提携 家庭学習支援サービスを提供へ

KDDIとメイツは、4月13日に家庭学習支援サービス提供に向けたパートナーシップ構築を発表。学習塾や中学・高校などの教育機関を対象に2020年夏の提供を予定していたが、一部前倒しで開始する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIとメイツは、4月13日に家庭学習支援サービス提供に向けたパートナーシップ構築について発表した。

KDDI KDDIとメイツは、家庭学習支援サービス提供に向けたパートナーシップを構築

 本サービスは全国の学習塾や、中学・高校などの教育機関が対象。自宅での予習・復習の習慣化を支援し、オンライン環境での生徒の学習計画管理や質問対応などのサービスを提供する。

 「計画支援サービス」では生徒が立てた学習計画の進展状況を毎日見守り、チャットや電話で指導。学習計画とのギャップが発生した場合はオペレーションセンターから生徒へ状況を確認し、計画達成に向けたアドバイスを行う。「質問対応サービス」は解き方の分からない問題の質問に対し、メイツに所属する難関大学の学生講師がチャットで指導。「学習スケジュール管理アプリ」では、端末上で学習計画を立てるためのスケジューラー機能と学習管理機能、オペレーションセンターとやり取りできるチャット・電話機能を用意する。

 本サービスは2020年夏頃の提供開始を予定しているが、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う休校などの教育環境の変化を踏まえ、一部を前倒しでスタート。4月13日からメイツが運営する学習塾「進学塾メイツ」「個別指導塾WAYS」で「計画支援サービス」「質問対応サービス」を利用できる。

 両社は今後、大学入試改革に伴う英語検定試験特化型サービスなど教育環境変化に対応した新サービス提供も検討し、ICTを活用した新たな事業モデルの構築・価値創出に取り組むとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう