ニュース
» 2020年05月01日 10時00分 公開

外出自粛要請で俄然、注目の「モバイル空間統計」――リアルタイム情報提供で外出を抑制できるか

新型コロナウイルスに関する報道で、NTTドコモの「モバイル空間統計」に関する話をよく聞くようになった。現在、AppleとGoogleも共同でBluetoothを利用した統計用APIを開発しているが、ソーシャルディスタンスの創出にスマホを活用したソリューションをどんどん作っていくべきではないだろうか。

[石川温]
「石川温のスマホ業界新聞」

 連日のコロナウイルス感染症についての報道の中で、よく目にするようになったのがNTTドコモの「モバイル空間統計」だ。外出自粛要請の中、「8割削減」という目標が掲げられたが、「実際にどこだけの人出があるのか」という統計データとしてモバイル空間統計が引用されている。

この記事について

この記事は、毎週土曜日に配信されているメールマガジン「石川温のスマホ業界新聞」から、一部を転載したものです。今回の記事は2020年4月25日に配信されたものです。メールマガジン購読(月額税別500円)の申し込みはこちらから。


 東京・新宿や大阪・梅田など繁華街であれば、人が減ればそれだけ減少率の割合は大きくなる。

 メディアなどでは「鳥取駅なんて10%も減っていない。けしからん」という風潮で批判されているが、そもそも平常時であっても鳥取駅前には店舗もなければ人もほとんど歩いていない。そんな人がほとんどいない場所から8割削減するなんて無理があるし、もうちょっと考えて報道できないものか。

 モバイル空間統計については4月30日放送のラジオNIKKEI「石川温のスマホNo.1メディア」で担当者をゲストに呼んでおり、どんなサービスなのかなどを詳しく話してもらっているので、ぜひとも聞いてほしい。

 番組中、「将来の方向性」を聞いたのだが、「今後はリアルタイム性を強化したい」という話であった。現在は1時間前程度の混雑状況しか把握できないが、将来的にはリアルタイムにわかるようにしていきたいとのことだった。

 ここ最近、「スーパーの混雑をなんとかしなくてはいけない」という雰囲気になっている。そもそも、緊急事態宣言でスーパーの営業時間が短くなっているし、自宅待機で、家で食事をする機会が増えているのだから、当然、スーパーにいく回数も買う商品も増加しているはずだ。

 にもかかわらず、「スーパーにいくのは3日に1回」という制限をつけてしまうのは無理がありそうだ。

 ここでやはりスマホの出番だろう。近所のスーパーに客がどれくらいいるかがリアルタイムでわかれば、「今はいくのをやめておこう」とか「今なら空いているから大丈夫」といったことが可能となる。

 モバイル空間統計は500メートル四方で混雑状況を把握するので「スーパーの中」というのは現状、難しかもしれない。

 現在、アップルとグーグルは感染者と接触した時がわかるプラットフォームを共同で開発中だが、せっかくならば、そのプラットフォームに「スーパーの混雑状況を調査する機能」を盛り込んでもらいたいものだ。

 すでにサミットなどではグーグルマップをベースとして混雑状況を見えるようにしているようだが、やはり今回を契機に、よりリアルタイムで正確性のある「混雑状況を確認できるツール」を開発していくべきだろう。

 おそらく、しばらくはコロナと付き合いながら生きていく社会になりそうだ。「人との距離をどう保つか」を考えていかなくてはならないだけに、これから継続にスマホの力をもっと活かす必要があるだろう。

「未来IT図解 これからの5Gビジネス」発売!

 石川温さんの書籍「未来IT図解 これからの5Gビジネス」が、エムディエヌコーポレーションから発売されました。5Gの基礎から事例、技術的な特徴までを、図解とともに分かりやすく解説しています。5Gスマホはいつ買い替えるのがベストなのか? 5Gではどんなビジネスが生まれるのか? コンシューマーとして、また事業者として、5Gとどう向き合うべきかが分かります。全国の書店やAmazon.co.jpで購入できます。5Gに興味のある人は、ぜひご一読を!


© DWANGO Co., Ltd.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう