速報
» 2020年06月01日 09時57分 公開

Google、ソーシャルディスタンス(2m)をARで確認するWebアプリ「Sodar」公開

新型コロナウイルス感染症対策でソーシャルディスタンス(2m)を心がける必要がある今、GoogleがAndroid端末のAR機能で距離を確認するWebアプリ「Sodar」を公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月28日(現地時間)、AndroidアプリのAR機能で2mのソーシャルディスタンスを確認できるWebアプリ「Sodar」を公開した。ダウンロードするのではなく、AndroidのChromeブラウザで専用サイトを開くことで利用する。

 sodar 1 SodarのWebサイト

 Googleが実験中の技術を紹介する取り組み「Experiments with Google」の一環。端末の位置や向きなどを取得するJavaScriptのAPI、「WebXR」を採用している。端末で周囲を映すと、2mの境界線が表示される。

 sodar 2 2mの境界線

 利用するには、Chromeアプリに位置情報の収集と写真と動画の撮影を許可する必要がある。実際にPixel 4でしばらく使ってみたところ、ほぼ正確に2mを保てた。なお、iPhoneでは使えない。

 新型コロナウイルス感染症対策の緊急事態宣言が日本で解除された今、外出先で活用できそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう