世界を変える5G
ニュース
» 2020年06月03日 16時30分 公開

楽天モバイルとNEC、コンテナ技術を導入したSA方式5Gコアネットワークの共同開発に合意

楽天モバイルとNECは、6月3日にコンテナ技術を導入したStand Alone方式の5Gコアネットワークの共同開発について合意。NECが開発したソースコードをベースに、コアネットワークの構築を進めていく。

[エースラッシュ,ITmedia]

 楽天モバイルとNECは、6月3日にコンテナ技術を導入したStand Alone方式の5Gコアネットワークの共同開発について合意した。

 今回の合意に基づき、楽天モバイルが進めるコンテナプラットフォーム「Rakuten Communications Platform(RCP)」上で動作し、NECが開発した5GCのソースコードをベースとした日本製5Gコアネットワークの構築を共同で進める。

 楽天モバイルは今後、「RCP」を通信事業者が仮想化ネットワークを構築するためのソリューションとしてサービスを展開し、通信事業者のニーズに沿った機能を提供していく。通信事業者は「アプリストア」形式で5Gコアネットワークを購入し、各社のネットワークへ導入することが可能になるという。

楽天モバイル ニュースリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう