ニュース
» 2020年05月13日 20時20分 公開

楽天モバイルが米Innoeye(イノアイ)を買収へ 「Rakuten Communications Platform」の開発体制強化を目指す

楽天モバイルが米Innoeye(イノアイ)とInnoeye Technologiesを買収したと発表した。これにより、5Gネットワーク用の完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークプラットフォームの開発体制強化を目指す。

[エースラッシュ,ITmedia]

 楽天モバイルは5月13日、米Innoeye(イノアイ)とInnoeye Technologies(以下まとめて「イノアイ」)を買収する計画を発表した。同社の5Gネットワーク用完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークプラットフォーム「Rakuten Communications Platform(RCP)」を海外展開すべく、開発体制を強化することが狙いだ。

 イノアイは、MNOやMSO(複数のCATV局を運営する事業者)向けにクラウドプラットフォームのプロセス自動化システムなどを提供している企業。楽天モバイルは、イノアイが開発したネットワーク運用システム(OSS)を導入済みで、この買収が成立するとイノアイが保有するネットワーク運用ソフトウェアの開発技術とソフトウェア開発チームを取得することになる。

 RCPには、楽天モバイルが保有する仮想化モバイルネットワークの構築技術や関連する知見、ネットワーク運用支援システム、ビジネス支援システム(BSS)、エッジコンピューティング技術や仮想化ネットワークの管理方法などが集約されているという。イノアイの買収を通して、世界の通信事業者が仮想化ネットワークを構築するためのソリューションとしてRCPを展開し、事業者のニーズに沿った機能を提供していく予定だ。

 なお、RCPでは事業者が必要な機能を「アプリストア」形式で購入し、開発・運用しているネットワークに展開できる機能を備える予定となっている。RCPを導入した事業者は、携帯キャリアグレードの水準を満たした機能を素早く、かつ簡単に利用できるようになるという。

楽天モバイル ニュースリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう