ニュース
» 2020年07月24日 10時00分 公開

石川温のスマホ業界新聞:ICT総研が国内外の通信料金と品質を比較したデータを公開――日本の料金は高いわけではなく、むしろ品質は最高レベル

最近「日本の携帯電話料金はまだ高い」という報道をよく見かける。それは総務省が定期的に発表している「内外価格差調査」をもとにしているのだが、それを一部否定するような調査レポートをICT総研が発表した。

[石川温]
「石川温のスマホ業界新聞」

 今週、ICT総研が日本と海外におけるスマホの通信料金と品質に関する調査、比較の結果を発表した。これが業界関係者から好評だ。

この記事について

この記事は、毎週土曜日に配信されているメールマガジン「石川温のスマホ業界新聞」から、一部を転載したものです。今回の記事は2020年7月18日に配信されたものです。メールマガジン購読(月額税別500円)の申し込みはこちらから。


 調査対象となるのは、日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、韓国の6カ国、25の事業者だ。

 結果を見ると、日本の料金水準は欧州よりも高いものの、アメリカや韓国に比べると安い中位レベルに当たるという。

 特に注目すべきは品質面、4G接続率とダウンロード速度だ。

 日本の場合、4G接続率で見ると98.5%とトップとなっている。続いて韓国(98.3%)、アメリカ(96.1%)、イギリス(89.2%)、フランス(86.0%)、ドイツ(85.8%)という具合だ。

 さらにダウンロード速度で見ると、速い順に韓国(59.0Mbps)、日本(49.3Mbps)、ドイツ(28.7Mbps)、フランス(28.6Mbps)、アメリカ(26.7Mbps)、イギリス(22.9Mbps)という結果だったのだ。

 つまり、ドイツやフランス、イギリスは、通信料金は日本に比べて安いものの、接続率や速度などで比べると日本に劣るということだ。

 おそらく、ヨーロッパでは、キャリアの数が4社体制というところが多く、料金競争もあって、通信料金は安いのだろう。しかし、電波はオークションだし、料金競争の影響もあって、満足にインフラに投資できていないのかもしれない。つまり、「安かろう、悪かろう」という品質になっているのではないか。

 一方、日本では、総務省が「通信料金内外価格差調査」を発表。「日本の通信料金は世界に比べて高め」という結論を導き出し、菅義偉官房長官が「日本の通信料金は世界に比べて高すぎる。値下げできる余地がある」という発言につながるというのがお約束になっている。

 日本も楽天モバイルが参入し、料金競争が起きる可能性もあり得る。結果として、ユーザーが負担する通信料金は下がるかもしれない。しかし、その結果、キャリアはインフラ投資を怠るようになり接続率やダウンロード速度が低下するということもあり得るだろう。

 しかし、今のネットワーク品質を落としてまでも、通信料金を値下げする必要があるのか。

 今の3キャリアは、いずれもネットワーク品質は世界的に比べて、相当、高い。今後「ネットワーク品質はいいけど、それなりの通信料金」というキャリアと「ネットワーク品質はイマイチだけど、結構安い通信料金」というキャリアが出てくると面白い。

 とはいえ、高い品質を求める日本人が、「安いのが魅力だけど、ネットワーク品質はイマイチ」というキャリアを選ぶのか、といえば、かなり微妙だろう。

 一般人の話を聞くと「格安スマホに興味はあるけど、つながらないようでは困る」という話をよく聞く。

 確かに昼間の速度低下は仕方ないとしても、つながる場所においては、MNOと違いはないのだが、そこまで理解はできていない。

 日本のユーザーは「安くても高品質」を求めるだけに、フランスやイギリスのように安くても、他社よりもレベルの低いネットワーク品質のキャリアに需要はないのではないだろうか。

© DWANGO Co., Ltd.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう