ニュース
» 2020年10月07日 15時30分 公開

「iモード公式サイト」が2021年11月30日に終了 2026年のサービス終了に先駆けて約27年半で幕を閉じる

NTTドコモのケータイ(フィーチャーフォン)向けの公式サイトサービスが、約27年半で歴史の幕を下ろすことになった。「マイメニュー」は、一定条件を満たせば一部を除きスマートフォンへの機種変更時に引き継げる。

[井上翔ITmedia]

 NTTドコモは2021年11月30日をもって、ネット接続サービス「iモード」における「公式サイト」の提供を終了する。公式サイト以外のWebサイトについては、iモードのサービス終了日である2026年3月31日まで引き続き利用できる。

終了のお知らせ ドコモからのお知らせ

マイメニューは「spモード」に引き継げる(条件あり)

 iモード公式サイトのサービス終了に伴い、iモードにおける「マイメニュー」も終了する。ただし、iモードの解約と同時に「spモード」を契約することを条件に「dメニュー」のマイメニューに引き継ぐことができる。

 なお、この引き継ぎサービスは一部の公式サイトが対象で、引き継ぎ対象外のサイトについてはiモードの解約により自動で解約される。引き継ぎ対象であるかどうかは、各公式サイトで確認してほしい。

引き継ぎ マイメニュー引き継ぎに対応しているサービスは、自分で確認する必要がある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2023年12月04日 更新
  1. 新型折りたたみスマホがいきなり「実質9840円」/ネットワークTVチューナーの魅力とは? (2023年12月02日)
  2. 「Xiaomi 13T Pro」を“実質24円”で販売できるカラクリ 実は転売ヤー対策として有効も、今後は規制に? (2023年12月02日)
  3. Googleマップの新デザイン、見慣れました? 元デザイナーは苦言を呈しているが、アクセシビリティーの観点からメリットもありそう (2023年12月01日)
  4. NTT法は2025年の通常国会までに「廃止」が「既定路線」か――防衛財源の確保という「建前」はうやむやに (2023年12月03日)
  5. 制裁中なのに5G対応 謎多きスマホ「HUAWEI Mate 60」はどのように製造されたのか (2023年11月30日)
  6. 「端末値引き4万円まで」「白ロム割規制」は12月27日から 電気通信事業法の改正が決定 (2023年11月24日)
  7. TVはないけどTVを見たい! いろんなデバイスをTVにできるアイ・オーの「REC-ON」を試してみよう (2023年11月24日)
  8. Google、“休眠アカウント”の削除を開始 どうすれば削除されずに済む? (2023年12月02日)
  9. 折りたたみスマホ「motorola razr 40s」が“実質1万円以下”の衝撃 不安要素は法改正か (2023年11月25日)
  10. 楽天モバイルとLINEMOが満足度1位に オリコンが携帯キャリア/格安ブランド向けに調査 (2023年12月01日)

過去記事カレンダー