ニュース
» 2019年10月29日 15時46分 公開

ドコモの「FOMA」「iモード」が2026年3月31日に終了 3Gは停波

ドコモが、3G携帯サービスの「FOMA」と、インタネットサービス「iモード」を2026年3月31日に終了する。同日に3Gを停波する。FOMAの音声プランとiモードは、2019年9月30日に新規申し込み受け付けを終了した。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは、3Gサービス「FOMA」と、ケータイ向けのインターネットサービス「iモード」を、2026年3月31日に終了する。同日に3Gは停波する。

ドコモ ドコモのお知らせ

 FOMAは、2001年10月にスタートした第3世代の通信サービス。当時としては高速の384kbpsでの通信が可能で、ケータイで大容量の動画やゲームを楽しめることを特徴に打ち出していた。2011年には5700万契約を突破した。

 1999年2月にスタートしたiモードは、ケータイでインターネットやメールを利用できることを特徴としたサービス。当初の通信速度は9600bps。2010年7月に4900万契約を突破し、現在はFOMA(3G)向けに提供している。

 ドコモは、4G(LTE)の普及による市場環境に変化に伴う契約数の減少や、5Gに経営資源を集中させるため、サービスを終了することにした――と説明する。

 FOMAの音声プランとiモードは、2019年9月30日に新規申し込み受け付けを終了した。「FOMAデータプラン」と「ユビキタスプラン」は2020年3月31日に新規申し込み受け付けを終了する。iチャネルやiコンシェルなどの終了時期は、改めて案内される。

ドコモ iモードサービスは既に申し込みを終了している
ドコモ 今後は4Gへの移行を促進し、5Gへ経営資源を集中させる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう