ニュース
» 2018年10月31日 19時47分 公開

ドコモの3Gは2020年代半ばに終了へ 5Gで2023年までに1兆円を投資

NTTドコモの吉澤和弘社長は、2020年代半ばに3Gサービスを終了させる見通しであることを明かした。今後は5Gへの投資に集中していく。2019年には5Gのプレサービスを提供する。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモの吉澤和弘社長は、10月31日に開催した決算説明会で、2020年代半ばに3Gサービスを終了させる見通しであることを明かした。

ドコモ NTTドコモの吉澤和弘社長

 ドコモは中期経営計画の一つに「5Gによる成長」を掲げており、5Gへリソースを集中させる構え。2019〜2023年度にかけて、累計で1兆円を5Gのインフラ構築等へ投資していく。同社は2020年春に5Gの商用サービスを開始する予定だが、ラグビーワールドカップ開催に合わせて、5Gのプレサービスを2019年9月に開始する予定。このプレサービスに向けて、2018年に100億円の追加投資を行う。

ドコモ 5G導入のロードマップ

 ドコモが無償で5Gの技術検証環境を提供する「オープンパートナープログラム」の参画パートナー数は、2021年度に5000社まで増やすことを目標にする。こうしたパートナーとの協業により、5Gで新たなビジネスを創出していく。吉澤氏はその一例として、新たなスポーツ観戦、都市映像のAI解析による異常検知、診断映像をリアルタイムで共有する遠隔医療などを紹介した。

ドコモ パートナーとともに、さまざまなビジネスを創出していく

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう